ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

宮城光、プロのバイクレーサーを目指したきっかけは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

宮城光、プロのバイクレーサーを目指したきっかけは?
J-WAVEで放送中の番組「GROWING REED」(ナビゲーター:岡田准一)。1月15日(日)のオンエアでは、プロオートバイレーサーの宮城光さんをゲストにお迎えしました。

今年54歳になる宮城さんは、1982年にデビューして以来、数々の日本のモータースポーツ、二輪の記録を塗り替えて早30年のベテランです。そもそも宮城さんがバイクに魅了されたきっかけは、“ヒーロー”だったそうです。宮城さんが子どもの頃、月光仮面や仮面ライダーらヒーローは皆、バイクに乗っており、ヒーローがバイクで登場するシーンを見てバイクにのめり込んでいったと言います。

またそれとは別に、16歳の頃からバンドでミュージシャンも目指していたそう。ドラムを担当していた宮城さんですが、バイクに乗ってみてそのスピード感や躍動感に魅せられ、「ロックもバイクもビートは一緒(笑)」と感じたそうです。岡田は「名言ですね」と言っていました。

しかし、20代後半の絶頂期、プライベートでバイクの単独事故を起こし、大きなケガを負ってしまいます。当時、日本ではバブルの崩壊も始まり、「復活のチャンスはアメリカしかない!」と思い、30歳のときに渡米を決意したそうです。

昨年は、米ユタ州ソルトレイク市ボンネビルの塩湖で開催されたレースに、Hondaのレーサーとして参加しました。ロケットのような、新幹線の頭部分のような、近未来的な四輪(通称ストリームライナー)で最速記録を出すために挑戦したきたそうです。Hondaの20代を中心にした若手有志チームが開発したこの四輪に乗り、「やる気のある若い世代がいっぱいいる」と感じたと言う宮城さん。

宮城さんのお話を聞き、最後に岡田は、「やっぱりロマンですね。技術者たちのロマンと、それを証明するために命をかけて進んでいくロマン。ヒーローはバイクに乗ってやってきますしね。いいなあ、俺もなんか乗りたいな。風を感じて走りたいな」とコメントしていました。

【番組情報】
番組名:「GROWING REED」
放送日時:毎週日曜 24時−25時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/growingreed/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。