体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セブに住むという選択[中] 40代で会社を辞めて、移住して起業

セブに住むという選択[中] 40代で会社を辞めて、移住して起業

前回は50代以上のリタイアメントビザについて紹介したが、今回はセブに移住する魅力の1つともいえる35歳から取得できる「リタイアメントビザ」について紹介する。35歳~49歳までは2万ドル(or5万ドル)と預託金が多少高くなるが、ほかの国に比べるとかなりハードルは低い。永住権を取得することができ、仕事をすることも認められている(外国人労働許可証(AEP)の取得は必要)。このシステムを利用して40代でセブに移住、起業をした若村雄介さんに話を聞いた。

会社を辞めて「やりたいことだけをやる1年間」を過ごす

「2014年に新卒以来17年勤めた会社を辞めて、退職金を使い1年は好きなことだけをやろうと思っていました」と若村さん。とにかく世界を見てみようと、バックパックでヨーロッパ、中東、アジアなど旅行したそうだ。「旅行をしてみて、やはり英語の学習の必要性を感じました。日本国内で机に向かって勉強するのは苦手ですし、欧米でのホームステイはホストファミリーが自分より年下になってしまいそうでした。いろいろ留学先を探していたら、セブがよさそうだと思いました」とのこと。

「セブでは社会人向けの留学施設が充実していて、最初は6月末から3カ月くらい留学しました。勉強もおもしろかったですが、学校で出会った人たちとの交流が楽しくなってしまいました」セブでいろいろな人たちと出会うことが刺激になったそうだ。「セブには海外起業家、投資家など、自由に生きている人がたくさんいて、日本で会社員をしていたら出会えなかったような個性的な人がたくさんいます」現地の経営者に誘ってもらったこともあり、セブに残りたいと考えはじめたそうだ。

その人に合った語学学校を選べる留学エージェントを起業

実際に若村さん自身が留学してみて、セブの語学留学は、英会話の初級者にとって英語の基礎を身に付けるのには最高の場所だと確信した。そしてもっと幅広い年代にセブの英会話留学のよさを知ってもらいたいと感じるようになった。

「でも当時のエージェントのターゲットは20代の若者中心で、経営者や役職者などニーズが多様化している社会人からすると物足りませんでした。私自身も当時40歳で自分に合う語学学校を探すのに苦労しました。結局セブに来て自分で学校をチェックし、留学先を決めたくらいですから」

そこで自分が法人・社会人向けの留学エージェントになることを思い立ったそうだ。「2020年には日本でオリンピックが開催、外国からたくさんの人を迎え、英語熱が高まっていくのは目に見えています。意気投合できるビジネスパートナーに出会えたこともあり、留学したい人のニーズに合った語学学校を提案できるエージェントを起業しようと思いました」。2015年1月から本格的に移住し、留学エージェント「株式会社セブ社会人留学」を立ち上げた。

これまで70校以上の語学学校を訪問し、視察やレッスン体験をし、なんと6校には実際に生徒として入学したそうだ。「その人の優先順位によって、どの学校が最適なのかは異なります。まずはカウンセリングでしっかり話を聞き、自分の経験からその人にぴったりの学校や留学プランを提案しています」私自身の留学も彼に相談して選んでもらった。

仕事ができるリタイアメントビザを取得して活用

「リタイアメントビザを持っていると、出国チケット※を持っていなくてもフィリピンに入国できます。取引相手が日本人なので、やはり時々日本に出張しますが、予定が変更になることも多いので便利です」とビザ取得のメリットは多いようだ。

「リタイアメントビザと言いつつ働けるビザであること、SSP(就学許可証)が免除されることもメリットですね」。若村さんは仕事上さまざまな語学学校に入学することがあるが、SSPの費用(約6500ペソ、日本円で約1万3650円 ※2016年9月27日現在1ペソ=2.1円、以下同)は負担だ。私自身も語学学校に滞在するために支払ったが、結構高いと感じた。半年ごとに、あるいは学校が変わるごとに支払う必要がある。面倒な観光ビザの延長手続きも無くなり、セブに滞在するさまざまな自由度が高まったそうだ。

※外国人がフィリピンに入国する際、帰りのチケットをもっていないと入国できない場合が多い

「プールのある広い家で犬を飼いたい」そんな理想の暮らしを実現できたセブ

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。