体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インスタでも話題!千葉・房総の隠れた絶景「濃溝の滝」が綺麗すぎる!

インスタでも話題!千葉・房総の隠れた絶景「濃溝の滝」が綺麗すぎる! 濃溝の滝

近年SNSで発信されて大ブレイク。君津市を代表する観光名所にまでなったのが、「濃溝(のうみぞ)の滝」。その神秘的な風景は、「某人気アニメ映画の世界のよう」なのだとか。おじさんながらその一連のファンにとっては、聞き捨てならないと気合が入り、訪問してみることにした。

東京湾アクララインの利用で、都心から1時間余りとアクセス至便。

濃溝の滝までの道

気合を入れたと書いたが、実はそれほど張り切る必要はない。車の場合は都内からだと、東京湾アクアラインを使えば1時間ちょっとで、お目当ての滝がある「清水渓流広場」に着いてしまい、拍子抜けしたほど。ただ急激な観光客の増加に駐車スペース増やしているが追いつかず、空くのを焦らずに待つ覚悟は必要だ。

「ここまでは楽勝だけど、滝に辿りつくまでにキツい試練が待っているはず。なんせ憧れのあの映画の世界だから」と遊歩道を進んだら、また裏切られる。そう15分ほどの快適なお散歩で神々しい姿が拝めてしまうのだ。途中の案内が歩数表示なのにもニガ笑い。でも荒行なしだから、老若男女問わずに楽しめるから良いことだろう。

濃溝の滝

この画像を見て「ここ、どこ?」と思った方がほとんどなはず。実はこれこそ正真正銘の「濃溝の滝」。他に「濃溝の渕(ふち)」とも呼ばれたりしているそう。

濃溝の滝

でも実際のところ「濃溝の滝」と認知されているのはこちら。そうこのトンネルを通ってくる光や風が神秘的で、独特の空気感を醸し出している。先の「濃溝の滝」と目と鼻の先にあり、これまでは「亀岩の洞窟」という名で通ってきたんだけど、今ではまるっと「濃溝の滝」と呼ばれるようになったようだ。

確かに妖精が姿を現しそうな雰囲気で、ぼおっ~と見惚れてしまうほど。おすすめの時間帯は、光の角度がいい午前中なのだとか。自然にくり抜かれたのではなく、江戸時代に人力でこのように削ったそうだが、300年以上も昔と思えばそれはそれでロマンチック。当然だけど、多少濡れても大丈夫な足元で出かけたい。

濃溝の滝 見学順路

見学順路を通りに遊歩道を歩くと、滝から駐車場まではこうした木道が続く。どこかで見たような光景だと思ったら、福島県、新潟県、群馬県のまたがる「尾瀬の湿原」のハイキングコースだな。やはりここも小川が流れて湿原のようになっているので、橋のように持ち上げる必要があったのだろう。

結構この木道を歩くのが楽しい。両側から迫りくる渓谷美はなかなかのもので、記念撮影をしている人も多数。滝ばかりが頭にあっただけに、なんかとっても得した気分だった。 濃溝の滝(亀岩の洞窟)

TEL/0439-56-2115(君津市観光協会)

アクセスなど/HPを参照のこと

「濃溝の滝(亀岩の洞窟)」の詳細はこちら

チェックしておきたい、周辺のおすすめスポット。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。