体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

所蔵品約30点が会場を温かく包む「イサム・ノグチ あかり展」開催中

isamu-noguchi_akariten_03

会場はイサム・ノグチ設計のモエレ沼公園

2017年1月7日(土)から3月5日(日)まで、北海道・札幌のモエレ沼公園・ガラスのピラミッドにて、「イサム・ノグチ あかり展」が開催されています。

世界を舞台に活躍した彫刻家のイサム・ノグチがデザインしたアートパーク・モエレ沼公園を会場に、所蔵品約30点を展示。イサム・ノグチが愛した「あかり」と彼の世界感を同時に堪能することができます。

イサム・ノグチがデザインした名作照明「AKARI(あかり)」は、1950年代に岐阜の伝統産業である提灯と出合い、その美しさに感銘を受けて生まれました。晩年まで約200種類がデザインされ、自身が「生涯でいちばんの作品」としばしば語っていたと言われるほど、彼の仕事の中でも重要な作品です。

伝統を再解釈したモダンなデザインからにじみ出る温かな「あかり」は、日本だけでなく世界中にファンを持ちます。暗がりに「あかり」が浮かび上がる時間帯はもちろん、陽が穏やかに差し込む日中も別の表情を楽しめるとオススメとのこと。

イサム・ノグチが愛した温かな光を感じ取ってみてください。

isamu-noguchi_akariten_02 isamu-noguchi_akariten_01

イサム・ノグチ あかり展

会期:2017年1月7日(土)~3月5日(日) 9:00~17:00

※月曜休館(月曜が祝日の場合は翌平日休館)

会場:モエレ沼公園 ガラスのピラミッド2F スペース2/北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1

入場料:無料

写真提供:モエレ沼公園

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

地元・福岡で「鹿児島睦の図案展」開催、太宰府天満宮宝物殿で関連展も
手紙社が贈る布の祭典「布博」、「世界」をテーマに今年も京都・東京で開催決定!
10年以上続く作家イベントの先駆け、雑司ヶ谷「手創り市」が今週末開催

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。