体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そのケア、髪の毛にダメージを与えていない!?美髪を育てる正しい洗髪

そのケア、髪の毛にダメージを与えていない!?正しい洗髪で美髪に
シャンプー、トリートメントは日々のヘアケア。しかし、正しく髪の毛を洗えていますか?間違った洗い方をしていると、知らず知らずのうちにダメージを与えてしまっているかも…。美髪に近づくため、正しい洗髪方法を覚えましょう。

間違いだらけの洗髪方法!積み重ねで髪の毛がボロボロに…!?

毎日シャンプーをして、トリートメントでケアをしている方は多いでしょうが、なんとなく洗っていませんか?間違った洗髪をしていると、積み重なって髪の毛がボロボロになってしまうことがあります。

なんだか枝毛や切れ毛が増えた…最近髪の毛にツヤがない…。そうお悩みの方は、もしかしたら日頃のヘアケアが間違っているのかもしれません。

正しくシャンプー・トリートメントをすることが美髪への第一歩です。サラサラでツヤのある髪の毛は女性の憧れですよね。そんな髪の毛に近づいてみませんか?正しい洗髪の方法をご紹介します。

シャンプーをする前に!ウォーミングアップが必要なのです

お風呂に入って、いきなりシャンプーをしていませんか?それは、切れ毛や抜け毛の原因になってしまうことがあります。また、汚れを効率よく落としにくくなるという欠点もあります。まずはウォーミングアップをすることが大切なのです。

お風呂に入る前にまずはブラッシング。ブラッシングをすると、髪の毛の絡みや汚れがある程度なくなります。汚れが落ちることでシャンプーの泡立ちも良くなるでしょう。シャンプーの泡立ちが良くなると、髪の毛の摩擦も軽減しますよ。また、より汚れを浮かしやすくなるという利点もあります。

そして、お風呂に入ったらまずは予洗いを。髪の毛と地肌を充分に濡らしましょう。髪の毛を傷みにくくし、地肌をまんべんなく洗うための準備運動になるのです。

予洗いのイメージ

シャンプーをするときの注意点はココ!なんとなく洗うのはNG

シャンプーを手に取り、そのまま髪の毛に塗布すると、頭皮への刺激になってしまう恐れがあります。また、シャンプーがまんべんなく行き渡りにくくなり、ムラ洗いの原因にも。

シャンプーは、手のひらでしっかりと泡立ててから髪の毛につけましょう。後頭部や側頭部からシャンプーをつけていき、全体に馴染ませます。頭頂部からつけてしまいがちですが、ここは紫外線のダメージを最も受けやすいところ。敏感になっている部分は順序としては後から洗っていくのです。

洗髪するときは、爪を立てずに指の腹で洗いましょう。まず大まかに頭皮全体をマッサージしたら、細かい部分を2度シャンします。このとき、耳の後ろや襟足など、洗い残しやすい部分も丁寧に洗ってください。

洗い流すときはシャンプーが髪の毛に残らないように注意して。シャンプーの泡が残っていると、ダメージ髪の原因にもなりますよ。

シャンプーをするイメージ

トリートメントはこうやって塗って!日頃のケアの肝です

トリートメントは毎日のケア。この方法を間違えるとケアをしているつもりが髪の毛を傷める結果になってしまう可能性もあります。

注意点は地肌につけないこと。毛先部分から優しく馴染ませていきます。両手のひらで包み込むようにして馴染ませましょう。髪の毛全体に塗れたら、少し時間を置くと良いですよ。

トリートメントを流すときも、流し残しがないように気を付けましょう。

洗髪は美髪への基本!毎日髪の毛を労ってあげて

毎日するものだからこそ、洗髪は美髪の基本だと言えるでしょう。ダメージヘアが気になる方は、今一度洗髪の仕方を見直してみてください。美髪は1日にしてならず。毎日の、髪の毛へのちょっとした気づかいで、あなたの思いに応えてくれるはずです。毎日の正しいヘアケアで、あなたも美髪を手に入れましょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

食前にお水を2杯飲むだけ!食べ過ぎ防止ダイエット
それ本当に今必要?お金をかける前にまずチェックすべきこと・3つ
冬の代謝ダウンを阻止せよ!今から始めるポカポカ習慣3つ
気になる彼に彼女はいる?さりげなく恋人の有無を聞くフレーズ
「痩せホルモン」を出すにはコレ食べて!ダイエットが成功する食べ物2つ

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。