体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

耳掃除はしない方が良いって本当?意外と知らない耳垢の重要な役割

耳掃除はしない方が良いって本当?意外と知らない耳垢の重要な役割
ついつい気持ちよくてやりたくなってしまう耳掃除ですが、近年は一般的に「耳掃除はしないほうがいい」「耳掃除はする必要がない」といわれていることを知っていますか?

今回は耳垢の正体と役割から、耳掃除をしない方が良い理由や、耳垢が気になった時の対処法を、耳鼻咽喉科の岡田先生に解説していただきました。

耳垢の正体と役割

耳掃除はしない方が良いって本当?意外と知らない耳垢の重要な役割

耳垢の正体

外耳道の皮膚にある、アポクリン線からの分泌物を主としたかたまりです。

耳垢の役割

耳垢には、3つの重要な役割があります。

1:耳を守る盾

外から入ってくるゴミが耳の奥に入らないようにブロックしています。

2:細菌をやっつける消毒

弱酸性で抗菌作用をもっています。

3:保湿

耳垢に含まれる脂によって、外耳道皮膚の水分が保持されます。

耳垢の種類

耳掃除はしない方が良いって本当?意外と知らない耳垢の重要な役割

カサカサ(乾性)タイプ

日本人に多いタイプです。

ベタベタ(湿性)タイプ

欧米人に多いタイプです。

(日本人のベタベタタイプは全体のおよそ16%というデータがあります)

耳掃除をしないほうがいい3つの理由

耳掃除はしない方が良いって本当?意外と知らない耳垢の重要な役割
2017年1月にアメリカの耳鼻科学会によって、耳掃除による危険を知らせるガイドラインが出されました。(参考)

耳掃除をすると、本来かかる必要のない耳の疾患をわずらってしまう可能性や、以下のような理由が挙げられます。

1:かえって耳垢が詰まる

耳掃除をやりすぎて外耳道の古い皮膚を新しいものにする自浄のサイクルを妨げると、かえって耳垢が詰まります。

2:耳が炎症を起こす可能性

耳の皮膚をこすればこするほどヒスタミンが放出され、それによって皮膚が刺激され、炎症を起こしやすくなります。

3:耳の乾燥をまねく

耳垢には皮膚の表面を潤す働きがあるので、それを取り除くと、耳が乾燥しやすくなります。

上記の理由から、極力耳掃除はしない方が良いと考えられます。

耳掃除のしすぎで懸念される疾患

耳掃除はしない方が良いって本当?意外と知らない耳垢の重要な役割

急性外耳道炎

外耳の皮膚の傷から細菌が入って感染した状態です。

外傷性鼓膜穿孔(せんこう)

綿棒などを耳の奥に入れすぎて、鼓膜に穴が開いた状態です。

耳垢栓塞(じこうせんそく)

耳垢を自浄作用のない奥まで押し込んでしまい、つまらせてしまった状態です。

外傷性耳小骨離断(じしょうこつりだん)

音を伝える耳の骨が外れてしまうことで、難聴をきたします。多くの場合、手術を必要とします。

耳掃除の種類別リスク

耳掃除はしない方が良いって本当?意外と知らない耳垢の重要な役割
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。