体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロス・キャンペシーノス!の最新作は、輝くサウンド×政治的メッセージ

ロス・キャンペシーノス!の最新作は、輝くサウンド×政治的メッセージ

きらめくポップ・チューンの数々で日本でも高い人気を博している英カーディフの男女混合バンド、ロス・キャンペシーノス!が約3年ぶりのニュー・アルバム『シック・シーンズ』を2月24日にリリースすることがわかった。

ニュー・アルバム『シック・シーンズ』は日本盤を含めて世界同時発売で、長年のコラボレーターであるジョン・グッドマンソン(ブロンド・レッドヘッド、デス・キャブ・フォー・キューティーほか)とバンド・メンバーのトム・キャンペシーノス!ことトム・ブロムリーによる共同プロデュース。英国のEU離脱(Brexit)やアメリカの大統領選挙の最中にレコーディングされ、ロスキャンらしいキラキラ輝くサウンドの裏に政治的な主張が隠れている。

シングル「I Broke Up In Amarante」に加え、アルバムからは新たに「5 Flucloxacillin 」の音源が公開となった。こちらは、年を重ねることで見えてきた率直な社会への不満や、鎮痛剤などさまざまな薬に頼って生活する憂鬱な気持ちについて歌っているという。

ロスキャンならではのキャッチーなサウンドはそのままに、処方薬、倒壊しそうな町といった、どれもシックな(気が滅入った)シーン(状況)についての楽曲が詰まった新作。日本盤には歌詞対訳も付いているので、ぜひ歌詞にも注目して聴いてみてほしい。(田山雄士)

『シック・シーンズ』
2月24日発売
HSE-3890 ¥2,400円+税
<収録曲>
01.Renato Dall’Ara (2008)
02.Sad Suppers
03.I Broke Up In Amarante
04.A Slow, Slow Death
05.The Fall Of Home
06.5 Flucloxacillin
07.Here’s To The Fourth Time!
08.For Whom The Belly Tolls
09.Got Stendhal’s
10.A Litany/Heart Swells
11.Hung Empty
12.She Crows (Documented Minor Emotional Breakdown #4) ※日本盤ボーナス・トラック
※歌詞対訳、ライナーノーツ付き

・「5 Flucloxacillin 」試聴
https://soundcloud.com/los-campesinos/5fluclox

「I Broke Up In Amarante」試聴

https://youtu.be/1z0PJV5fVcY
『シック・シーンズ』ティザー映像

https://youtu.be/tnBGsvH1-XI
ロス・キャンペシーノス!の最新作は、輝くサウンド×政治的メッセージ

『シック・シーンズ』

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。