体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「神対応」の言葉にはもううんざり?

「神対応」の言葉にはもううんざり?

<コラム>

 いつの頃からかネットを中心に使われるようになった「神対応」という言葉。お店の店員が素晴らしい接客をしてくれた時や、誰かが優しい対応をしてくれた時などにその行為を褒めたたえる言葉として使用されています。逆には「塩対応」という言葉もあります。こちらは「しょっぱい対応」という意味から来ているそうです。

【関連:めざましテレビの「女子高生流行語大賞」にネット騒然 理解不能と話題】

 2016年の流行語大賞には似た言葉として「神ってる」が選ばれています。とにかく現代において「神」という言葉は、最大に誰かを褒める言葉として気軽に使われています。

 また「神」のつく言葉は、一般の人が使用するだけでなく、ニュース記事を飾ることもしばしば。

・○○店が神対応!
・タレント○○さんの神対応に賞賛の声
・今年の○○は神ってる!?

 こうした「神」の多用を受けてか、ネットでこの手の記事を見かける度にコメント欄に「神対応ってよく聞くけど神様乱用されすぎじゃない」「神様が大安売りされてるみたい」「気軽に使われすぎ」「使われすぎて最近イラッとする」「聞き飽きた」という言葉の使用に対する批判的意見が投稿されるようになっています。

 筆者は使う機会がない(正:若い言葉についていけない)ので使うことはありませんが、確かに言われてみれば……「神対応」という言葉はいつ頃からか記事タイトルやテレビなどあちこちのメディアで使われるようになっています。

 タイトルや映像で採用する側にとっては、内容に出てくるコメントで出た意見をそのまま使用しているだけかと思われますが、配信する側は1のつもりでも実は、ネットニュース、テレビ、ラジオと同じ話題を多数取り扱っていることもあるため、読み手・視聴者側にとっては「うざい」という印象を感じているようです。 そう考えると確かに似た経験があります。筆者の場合だと「ゲス~」に感じています。

 流行語の使用は、読者や視聴者との距離を詰めるのに有効とされていますが、使い過ぎると逆に不快感を与えてしまうようです。何事も”ほどほど”が大事ということなのでしょうね。

(宮崎美和子)

関連記事リンク(外部サイト)

「魔方陣」をプラ板と蓄光塗料で再現 暗闇にぼんやり浮かんでファンタジー!
近未来SFに登場しそうな加工食品を再現 本当にSFすぎて震える
国立劇場の本気 PPAPアレンジが圧巻

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。