体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

U-NEXTとヤマダ電機、MVNO事業などの運営を行う合弁会社「Y.U-mobile」を設立へ

U-NEXT とヤマダ電機は 1 月 17 日、MVNO 事業などの運営を行う合弁会社「Y.U-mobile 株式会社」を 1 月下旬に設立すると発表しました。両社は以前より「YAMADA SIM powered by U-mobile」の提供で協業しており、今回の新会社設立はその関係をさらに発展させたものになります。今回の発表は新会社設立を知らせただけで、具体的な事業内容や新サービスは発表されていませんが、今後も増加する MVNO 事業者やモバイルデバイスの販売店らとの競争の中でも顧客獲得を拡大することを目的に、双方の得意分野を生かす事業やサービスを新会社を通じて提供する方針だと述べています。

株式会社U-NEXT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:宇野 康秀、以下「U-NEXT」)と株式会社ヤマダ電機(本社:群馬県高崎市、代表取締役社長:桑野 光正、以下「ヤマダ電機」)は、平成29年1月17日、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者、以下「MVNO」)事業の運営を行う合弁会社を設立することに合意いたしましたのでお知らせいたします。U-NEXTは、約3年前からMVNO事業としてモバイル通信サービス「U-mobile」の運営・提供を行い、実績を重ねてまいりました。その後、平成28年より複数のMVNE(Mobile Virtual Network Enabler:MVNO事業を支援する事業者、以下「MVNE」)と提携し、マルチMVNEでのサービスを提供してまいりました。一方、ヤマダ電機は、家電量販業界最大手の企業で、家電製品の販売だけでなく、「YAMADA SIM powered by U-mobile」のモバイル通信サービスの提供も行っております。昨今、MVNO業界は、新規参入などが相次ぎ競争が激化しております。今後、更に顧客の獲得を推進するうえで、「家電量販店として唯一、全国に販売網を持つヤマダ電機」と「様々な販売チャネルを有し、モバイル通信サービスを運営してきたU-NEXT」がパートナーシップを組むことが最善であると判断し、合弁会社を設立することとなりました。新会社は、U-NEXTの既存サービス運営やマルチMVNE展開のノウハウとヤマダ電機が持つ販売力を融合させ、競争が激化するMVNO業界を勝ち抜き、魅力的で快適なインターネットサービスの利用促進に貢献してまいります。▼合弁会社の概要商号:Y.U-mobile株式会社(仮称)本社所在地:東京都渋谷区事業内容:MVNOサービスの運営及び提供設立時期:平成29年1月下旬(予定)資本金:1億円

■関連記事
Galaxy S8 / S8 Plusのサイズ感はこんな感じ
サンワサプライ、スマートフォンをノートPCやディスプレイ側面に取り付けられるスマホクリップ「CR-LASP1BK」を発売
Google、SDカード性能が大幅に向上する新ファイルシステム「SD Card FS」をAndroid向けに開発中

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。