体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「これぞドイツ」なバイエルンの都、ミュンヘンで訪れたい観光スポット6選

ドイツきっての観光エリア、ロマンティック街道への起点として人気のミュンヘン。昼間からジョッキを片手に談笑するなど、「ザ・ドイツ」な光景が見られるこの街は、ドイツ第3の都市でありながら、どこか素朴な魅力に溢れています。そんなミュンヘンで訪れたい観光スポット6つをご紹介しましょう。

レジデンツ

「ザ・ドイツ」なバイエルンの都、ミュンヘンで訪れたい観光スポット6選

ミュンヘン観光で絶対に見逃してはならないのが、ヴィッテルスバッハ王家の宮殿「レジデンツ」。

外観は質実剛健でやや華やかさに欠けるようにも見えますが、一歩内部に入れば夢のように豪華絢爛な世界が広がります。14世紀後半に建設が始まって以来、拡張を繰り返しながら400年をかけて現在の姿になったため、外から見えるよりもずっと広く、隅々までじっくり見学していると一日がかりになりそうなほど。

「ザ・ドイツ」なバイエルンの都、ミュンヘンで訪れたい観光スポット6選
(C) Haruna Akamatsu

レジデンツを象徴する優雅なフレスコ画で彩られた大ホール「アンティクヴァリウム」や、豪華な金の装飾と、120枚に及ぶヴィッテルスバッハ家の人々の肖像画が圧巻の「祖先画ギャラリー」など、華麗なる空間と調度品の数々にうっとりせずにはいられません。

新市庁舎(マリエン広場)

「ザ・ドイツ」なバイエルンの都、ミュンヘンで訪れたい観光スポット6選

ミュンヘンの旧市街の中心をなすのが、マリエン広場。広場に面して堂々たる姿を見せているのが、ミュンヘンのランドマークである新市庁舎です。1867~1909年にかけて建てれらたネオ・ゴシック様式の壮麗な建造物で、ドイツ最大の仕掛け時計「グロッケンシュピール」で知られています。

「ザ・ドイツ」なバイエルンの都、ミュンヘンで訪れたい観光スポット6選

その大きさと精巧な装飾は、思わずあんぐりと口を開けて見入ってしまうほど。聖金曜日と諸聖人の日を除く、毎日11時と12時(3~10月は17時も)から、32体の等身大の人形が動き出します。ミュンヘン滞在中、一度は時間を合わせて仕掛け時計を見に行ってみてはいかがでしょう。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
在住者おすすめ!ドイツの魅力が凝縮された古城の街ハイデルベルクが素敵すぎる
ドイツ在住者が伝える治安情報。ドイツ旅行で気をつけたいポイント6つ
ロマンティック街道だけじゃない、ドイツの観光街道7つの魅力
在住者おすすめ!欲しくなる、行きたくなるドイツのお土産おすすめ8選

ペーター教会

「ザ・ドイツ」なバイエルンの都、ミュンヘンで訪れたい観光スポット6選

「ここからの景色を見ずしてミュンヘンを去ることはできない」と言っても過言ではないのが、ペーター教会の塔。高さ92メートルの塔の上からは、新市庁舎や玉ねぎ頭のフラウエン教会など、「これぞミュンヘン!」という景色が楽しめます。

「ザ・ドイツ」なバイエルンの都、ミュンヘンで訪れたい観光スポット6選
新市庁舎やフラウエン教会の塔にものぼることができますが、ミュンヘンでどこか一つだけ塔にのぼるとしたら、間違いなくペーター教会がおすすめです。

ミュンヘンで最も古い地区教会であるペーター教会は、内装がとても美しいので、塔からの景色だけでなく、教会の豪華な内装も楽しんでくださいね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。