体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

焼き物の街で出会う幻想風景!「TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭り」へ【佐賀】

焼き物の街で出会う幻想風景!「TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭り」へ【佐賀】 TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭り

佐賀県武雄市は、辰野金吾が設計した楼門のある武雄温泉や、武雄市図書館がランドマークの街。それだけでなく、焼き物の武雄焼発祥の地で、いくつもの窯元を持つ「陶芸の里」でもあります。

2017年で9回目となる、TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭りは、世界一の容積を誇る「飛龍窯」を彩る灯りの祭。6000個もの灯ろうと、イルミネーションの幻想的な景色が登場します。

ロマンチックなバレンタインデートにおすすめの、TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭をご紹介します。

飛龍窯灯ろう祭のはじまりと今

飛龍窯は、湯のみであれば一度に12万個も作れるほどの容積を持つ世界一の登り窯。そこで飛龍窯祭では全国の焼き物を集め、焼き、展示していました。

それが、「TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭」に生まれ変わり、焼き物に親しむお祭として全国的に注目されています。6000個を超える灯ろうに灯りをともし、全長23メートルの飛龍窯を彩る幻想的な風景は圧巻で、今年で9回目の開催になります。TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭り ひとつひとつ焼いて作られた灯ろうに思いが込められていますTAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭り

「飛龍窯」は23メートルと長く、世界一の容積を持つ登り窯でした

武雄市でバレンタインデートをロマンチックに

今年のTAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭は2月11日・12日の土日に開催します。ちょうどバレンタインの時期に重なることから、デートにもぴったり。

温かみのある灯ろうに照らされた2人の距離が近づいていく、ロマンチックなイベントとして人気です。飛龍窯の周辺を散策するコースでは、自然に手を繋ぎたくなるシチュエーションに。

近隣にあり、最近話題の武雄市図書館でも、冬季~2月17日までの間、特別なハートの形をしたイルミネーションが見られるので、そちらに足を延ばしてみてもいいですね。TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭り 灯ろうがほのかな明かりをいくつも灯す様子は幻想的TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭り

二人の距離が近づくバレンタインデートに

飛龍窯の窯内を利用した期間限定のイベントにも注目

飛龍窯の内部は、被災してからは、通常展示室とされています。その広い飛龍窯の中を活用したイベントも「TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭」の際には期間限定で楽しむことができます。

・窯内カフェ…期間限定スイーツや美味しいコーヒーでほっと一息つける限定登場のカフェです。

・窯焼きピザ作り体験…好きな具材をトッピングしてオリジナルピザを窯で焼く体験イベント。

・ミニ灯ろう作り体験…手作りのミニ灯ろうを旅の思い出に作る体験ができます。

このほかにも武雄市の物産が集まる「出張楼門朝市」や、地元の人たちによる「ステージイベント」と、地域の魅力が詰まったイベントが盛りだくさんの二日間になっています。

まとめ

「TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭り」は、武雄市の歴史や文化を楽しみ、冬でも心まで温かくなるイベントです。バレンタインのデートで訪れれば、二人のハートにもほっこり火が点りそう。

飛龍窯の幻想的な夜景を楽しんだ後は、近くの武雄温泉で温まるコースもおすすめです。今年のバレンタインは、武雄市冬の一大イベント「TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭り」へ足を運んでみてはいかがでしょう。 竹古場 キルンの森公園 「飛龍窯」

TEL/0954-23-9237(武雄市観光課)

開催期間/2017年2月11日・12日

開催時間/11日(土)15:00~21:00、12日(日)12:00~21:00

住所/佐賀県武雄市武内町大字真手野24001-1

アクセス/車:長崎自動車道武雄北方インターチェンジよりJR武雄温泉駅へ

※会期中、会場周辺には駐車場がないため、武雄温泉駅有料駐車場、または武雄市役所駐車場(無料)を利用しましょう。JR武雄温泉駅、武雄市役所駐車場より無料シャトルバスが運行しています。

電車:JR武雄温泉駅より無料シャトルバス運行

URL/「TAKEO・世界一飛龍窯 灯ろう祭り」詳細

「竹古場 キルンの森公園 「飛龍窯」」の詳細はこちら

※この記事は2017年1月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

恋愛成就に美人祈願♪初詣にオススメな京都の人気神社5選

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。