体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バリ島の必食グルメ「ナシ・チャンプル」が楽しめる!女子にオススメのワルンとは?

のんびりとした時間が流れるリゾート・バリ島。バリ島の定番グルメといえば「ナシ・チャンプル」。これはご飯の周りに好きなおかずを乗せて食べる、地元の人もよく食べているメニューです。レストランでも頼むことができますが、バリ島をさらに楽しみたいなら「ワルン」と呼ばれる食堂にチャレンジするのがオススメ!

今回ご紹介する「Warung taman Bambu(ワルン・タマン・バンブー)」というワルンは、おしゃれなショップが集まるバリ島観光の中心地・スミニャックにあります。バリ島っぽさがあふれるエキゾチックな外観が目印です。

中に入ると、ガラスのショーケースの中におかずがずらりと並びます。野菜をたっぷり使ったものや、発酵した大豆を固めたテンペなどのヘルシー系から、鶏肉やつくねを串に刺したサテ、魚の揚げ物などボリューム系など種類豊富です。

まずご飯を選び、好きなおかずを選んでお皿に乗せてもらいます。Warung taman Bambuでは、ご飯は白米・ブラウンライス・ターメリックライスから選べます。その後はショーケースから好きなおかずを選んで店員さんに盛ってもらえば、オリジナルのナシ・チャンプルの完成です。

料金は後払い。お店を出る際にレジで支払います。

今回はブラウンライスにテンペ、野菜炒め、とうもろこしのフライなどをセレクト。オススメしたいのはとうもろこしのフライ! ほんのりと甘いとうもろこしと、ふんわりした衣がよくマッチしていました。

店内奥には5~6人で座れる大きなテーブルから、1人用の小さな席もあります。内装はウッディで落ち着いた雰囲気。開放的な店内は女性一人でも入りやすく、のんびりと食事を楽しめます。テーブルには甘い醤油のような調味料「ケチャップマニス」や唐辛子を炒めたチリソース「サンバル」などが置いてあるのでお好みでかけてみてください!

女性でも入りやすいおしゃれなワルン「Warung taman Bambu」。食事を楽しんだ後はスミニャックの街でショッピングもオススメです。バリ島を訪れた際は、ぜひ一度足を運んでみてください。

【店舗情報:Warung taman Bambu】
住所:Jl. Palawa No.10 A, Seminyak, Kuta, Kabupaten Badung, Bali, インドネシア
営業時間:08:00~22:00

ライター:旅工房

Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。