体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

次に来るのはコレ!?EndlessOS搭載型PC「MISSION COMPUTER」に注目

mission_1次世代OSとして、急激に知名度を上げつつあるEndless。メインターゲットは、発展途上国の、コンピューターに縁がなかった人々だ。主に新興市場向けに販売されており、直感的で頑丈な設計をウリにしている。

ファミリーユースとして開発されただけあって、使い勝手は抜群。OSには予め、100以上のアプリと、インターネット接続を必要としない強力なツールがプレインストールされている。既存OSのように、ソフトウェアのアップデートにもお金がかからない。ウィルスに強く、スマートフォン感覚で利用できるため、コンピューター未経験者でもすぐになじめるようになっている。

・ナチュラルデザインと高精度な設計を両立

mission_2そのEndless OSをアメリカ本土で浸透させるために開発したのが、「MISSION COMPUTER」。竹素材で包まれたデザインは、ナチュラルなインテリアボックスのよう。一見すると、コンピューターとはわからないほどだ。

暖かみのある外見に反し、中身は高精度。デュアルコアのIntel®Celeronプロセッサーを搭載し、HDMI出力や最新のワイヤレス接続にも対応。目立ってすごい機能ではないが、現代のPCとして必要な部分は、きっちり押さえてある。

・今後の市場動向に注目

mission_3今回は、64GB の「Mission Mini」と500GBの「Mission One」を発売。販売価格はそれぞれ、129ドル(約1万5000円)と249ドル(約2万8000円)。リーズナブルな値段も、大きなポイントだ。

本機の普及によって、アメリカの市場がどう変化するのか、そのあたりにも注目していきたい。

MISSION COMPUTER

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。