体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

動きを思い描くだけで、操作できるロボット。

動きを思い描くだけで、操作できるロボット。

ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。

脳へのインプラントが要らず、
キャップを被るだけで操作が可能。


「世界で初めて、脳内にインプラントをせずに、考えただけでロボットアームを操作、複雑な環境でモノを掴み、移動させることができるようになりました」。

と、研究者のコメントが。テストでは、80%以上の人がアームを動かし、70%以上の人がモノを掴んで棚に移動させることに成功。キャップを着用するだけでいい上に、麻痺のある患者のサポートや義肢の操作に応用できるだろうと考えられています。

音声入力が登場したときのように、“思い描く”だけで操れる機器が今後増えるかも?Top Photo by University of MinnesotaLicensed material used with permission by University of Minnesota

関連記事リンク(外部サイト)

家庭用「ロボットシェフ」 料理の腕前がスゴイ・・・850万でも安い!
飛べる・泳げる!小さな昆虫型ロボットがまるで「天空の城ラピュタ」・・・
公道を使った「ロボットタクシー」の実験が、ついに開始された!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。