体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

やることなすこと何もかもイヤ!絶賛イヤイヤ期の息子を意のままに操る、わたしの裏ワザ by 横峰沙弥香

やることなすこと何もかもイヤ!絶賛イヤイヤ期の息子を意のままに操る、わたしの裏ワザ by 横峰沙弥香 f:id:akasuguedi:20170111063745j:plain f:id:akasuguedi:20170113184118j:plain

こんにちは、横峰沙弥香です。

「魔の2歳児」という言葉がありますね。

いわゆるイヤイヤ期のことですが、どうやら息子は1歳9か月にして本格的にイヤイヤ期に突入してしまったようです。 前回エピソード:親バカ万歳!育児疲れで疲弊した私を奮い立たせる「親バカ」ホルモン by 横峰沙弥香

思えば、一歳半頃からその片鱗はありました。

やることなすこと私の言うことの逆を行きたがり、それが叶わないとなると盛大に大泣き。

それならばとこちらが引けばそれはそれで怒り、突然言うことを聞き始めるのですが、これはどうしたものかと助産師さんに相談したところ「あーそれね、イヤイヤ始まってるね。早いけどね、たまにあるのよ」とあっさりしたもので、対処法を伺うと「ないよっ」と一言。

対処法はないらしいです。

とにかくその時期は母親が自分のストレスをいかに軽減させるかが乗り切るカギとなってくるらしいので、

私は「やらせたいことと逆のことをあえて提案し、息子のイヤイヤを利用して意のままに操る」というせこいやり方で乗り切ることにしました。

騙すようなやり方はどうかな…と心が傷む気持ちもありつつも、正攻法で取り組めば心どころか体も折れそうですし、

だったらママが笑っていてくれた方が息子にもいいからという夫の言葉を免罪符に、この作戦で乗り切る毎日です。

子供の性格にもよるとは思いますが、息子はお調子者なので、気持ちいいほど騙されてくれます。

※作中の息子のセリフはイメージです。実際にはまだ全然しゃべれません 横峰沙弥香さんの人気記事:19歳上の天然夫vs極端なマニュアル人間のわたし。タイプが違うふたりの円満育児 by横峰沙弥香

f:id:akasuguedi:20160607025351j:plain

著者:横峰沙弥香

年齢:32歳

子どもの年齢:1歳

1984年生まれ イラストレーター。長崎県出身。2015年に産まれた息子の育児絵日記をInstagram(ID:SAYAKAYOKOMINE)で毎日更新中。

ブログ:【まめごはん】

著書:「まめ日記」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

産後2日目。ミルクや痛み止め、理想と違う育児のスタートに落ち込む私を救ったのは…
「世の中みんな敵!」とピリピリしていた産後の私。後になって知ったその原因は…?
叩かれて育った私は、我が子を愛せる…? 1歳の誕生日、幼い日の自分に伝えたいこと

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。