体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

近所、キレイ、お祝い膳…そんなこたぁ、もういい。双子の産院選びの必須条件とは? by ウラク

近所、キレイ、お祝い膳…そんなこたぁ、もういい。双子の産院選びの必須条件とは? by ウラク f:id:akasuguedi:20170111235926p:plain

家の近くに評判のいい個人産院があり、これは通院ラクラクだな!ラッキーラッキー!と思っていました。

ところが予想外の双子、そして「ウチじゃ診られません」。

双子の出産となると妊娠中から出産まで何かとリスクが高い。

だから設備の整った大きな産院に行ってね、とのことでした。 前回エピソード:え?タタイニンシン…?まさかの双子妊娠で、夫婦ともに頭がスパパパーン! by ウラク

そうなのです。

双子出産は早産になる確率が高く、そのため低体重児として産まれてくる子が多いのです。

その為すぐに赤ちゃんをケアできるNICU(新生児集中治療室)がある産院を選ぶことがマストになりました。

NICUでは、赤ちゃんたちが環境を整えられた保育器のなかで過ごします。

実際に我が子たちも、NICUでお世話になることになります。

f:id:akasuguedi:20170111235952p:plain

場所が近いとか、新しくてキレイだなとか、産後のお祝い膳がおいしそうだな、とか、もうそんなこたぁいいんです。

お祝い膳はちょっと惜しかったけれど。

結局家から電車と徒歩で1時間ほどの産院へ転院しました。

f:id:akasuguedi:20170112000026p:plain

最初の産院で、「双子なぁ、大変なんだぞ…」と脅されて漠然とした不安があったのですが、

転院先の先生の一言で何だかホッとしたのでした。 関連エピソード:双子ならではのトラブル、双胎間輸血症候群で帝王切開に。NICUの我が子を見て涙 by ぐっちぃ

f:id:akasuguedi:20161202162307p:plain

著者:ウラク

年齢:27歳

子どもの年齢:1歳

2015年に二卵性の双子(姉弟)を出産。「双子育児、大変すぎて全然覚えてない!」ということにならないよう、インスタグラムに育児絵日記の投稿を開始。ボールペン1本で綴る双子との毎日を絶賛公開中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

いきなりの「今日から断乳宣告」に驚愕。年子妊娠の悩ましい選択 by グラハム子
ハイリスク妊婦は受け入れできない!? 5人目の妊娠で大変だった産院探し
出産予約が早すぎて…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。