体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本音をリサーチ!受験生が親に試験当日の朝にしてもらいたいこととは?

今年のセンター試験は、今季、最強の大寒波にみまわれ全国各地で波乱模様となった。愛知、京都、兵庫などをふくむ5府県12の試験場で、開始時間を一時間繰り下げるなど「過去10年間で最大の規模」といわれるほど大荒れの天候になった。

 

 

毎年、寒さがピークを迎える時期に大学受験の火蓋が切っておとされるわけだが、受験生をかかえる家庭では、実際どんなことに気を使っているのだろう。

 

全国、小学校4年生~高校3年生の子どもを持つ保護者を対象におこなった、個別指導の学習塾【明光義塾】の『子どもの体調管理に関するアンケート』によると、受験を控えた子供に気を使うこととして『食事・栄養』が51.8%と最も多く、次いで20.0%で『睡眠』、12.7%の『感染症・風邪予防対策』と続くそうだ。

 

アンケートからは、インフルエンザの予防や、体調を崩さないためにバランスのとれた食事など、日頃の生活環境に気を使う親の姿が見える。では、メンタル面はどうなのだろう? 特に、受験当日は送る側も、送られる側も独特の緊張感がありそうだ。【味の素(株)】の『受験当日の朝に関する意識調査』によると、当日の朝に声をかける難しさを感じる親は64%にもなるそうだ。

 

 

また、送られる側の受験生に『励ましをかけてほしいか?』という質問をすると「声をかけてほしいと思う」が56%、欲しくない人は44%となった。

 

 

さらに、『受験当日の朝に、親にしてもらいたいこと』という質問では、「いつも通りの朝食をつくってほしい」「「行ってらっしゃい!」と背中をおしてほしい」「寒いのでホッカイロや魔法瓶など温かいものを持たせて欲しい」という順に回答率が高い。

 

 

ゲン担ぎのために特別なメニューなどを出されるのは、かえってプレッシャーになるのか、普段通りの朝食を食べ試験に臨みたいたいと思うようだ。面白いのは次点の「「行ってらっしゃい!」と背中を押してほしい」という回答だ。

 

“普段通り”であって欲しいものの、それなりに気を使って欲しい。声はかけてもらいたい……という、受験生の心理が垣間見られるような気がする。

 

しかし、「頑張って!」や「落ち着いて!」といった励ましは逆効果。そっと、寄り添うような自然体の姿が“緊張”している受験生にはちょうどいいのかもしれない。特に食卓では、受験や勉強の話はせず“いつも通り”が大切のようだ。

 プレジデントファミリー(PRESIDENT Family) 2012-01-18 発売号 P78
Fujisan.co.jpより

 

さて、センター本試験は1月14日・15日に終わったが、受験生とその家族にとってはこれからが勝負。3月の桜が咲く季節まで約2か月間、最高のパフォーマンスができるように願うばかり。

 ※画像は、センター試験、前日・当日にフジテレビ系列で放映された「クノール® カップスープ」のCMより。“いつも通りの朝”をあえて過ごす受験生家族の姿がドキュメンタリータッチで描かれる。現在は動画で公開中。

 

かつて受験生だった筆者の“あのころ”を振り返ると、緊張のあまり食欲がなく、朝ご飯を食べずに出かけようとして、試験日にもかかわらず親と大喧嘩した記憶がよみがえる。それも今となっては良い想い出。(しかし、カップスープのCMに出てくるような、母親がいたら良かったのに……と、動画を再生しながら思ったりして)

 

【調査概要】

■表題: 受験当日の朝に関する意識調査

■調査主体: 味の素株式会社

■調査期間: 2017年1月6日(金)~2017年1月9日(月)

■調査方法: インターネットリサーチ

■調査対象: 全国の受験生50名、受験生の子を持つ親50名

 

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。