体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アート・リンゼイ、13年ぶりのニューアルバム

アート・リンゼイ、13年ぶりのニューアルバム
J-WAVEで放送中の番組「NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…」(ナビゲーター:滝川クリステル)。1月15日(日)のオンエアでは、ブラジルとイタリアの音楽情報をお届けしました。

番組後半にはブラジルとニューヨークの音楽シーンを結ぶサウンドクリエイター、アート・リンゼイの13年ぶりのアルバム「Cuidado Madame(ケアフル・マダム)」を特集しました。

アート・リンゼイはニューヨーク生まれのアメリカ人ですが、少年時代の15年間、ブラジルの北東部で過ごしました。その後ニューヨークに戻り、1970年代後半、独創的なノイズギターをトレードマークに、パンク、ニューウェーブの寵児となりました。一方、第二の故郷ブラジルの音楽にも精通し、カエターノ・ヴェローゾらブラジルの著名アーティストたちのプロデュースも手掛けています。現在はブラジルのリオを拠点に、ニューヨーク、ヨーロッパ、日本を行き来しています。

13年ぶりのアルバム「Cuidado Madame」は、リオとニューヨークでレコーディングを行った1枚。アフリカからブラジルのバイーアに伝わった宗教「カンドンブレ」の儀式で、打楽器奏者が演奏するリズムと、アメリカのゴスペルとの融合に取り組んでいます。

番組では収録曲の中から、カンドンブレとゴスペルの融合を象徴する1曲「ILHA DOS PRAZERES」と、ブラジル出身のシンガー、マリーザ・モンチとの共作曲「PELE DE PERTO」をオンエア。

ブラジルとアメリカで過ごしたアート・リンゼイの生き方を象徴するようなアルバム「Cuidado Madame」。ぜひチェックしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…」
放送日時:毎週日曜 17時−17時54分
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/saude/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。