体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リラックス効果だけじゃない!素肌美人になれる入浴剤を上手に選ぶコツ

冬はお風呂で素肌美人!入浴剤を上手に選ぶコツ
冬はお風呂にゆっくりと浸かってリラックス…。せっかくなら、そのリラックス時間を美容時間に当ててみませんか?入浴剤を上手に選んで、素肌美人を目指しましょう!

ただのリラックス効果だけではない!入浴剤の効能とは?

香りが良くて、1日の疲れを癒やしてくれる入浴剤。必需品だという方も多いでしょう。しかし、どうせなら入浴剤の効能をしっかりと理解して、上手に選んでみませんか?そうすることで、きっと素肌美人になれるはずです。まずは、あなたに今どんな効能の入浴剤が必要なのかを理解することが大切です。

入浴剤は多くありますが、その効果はさまざま。血行促進や鎮静作用、清浄作用も期待できるのです。リラックス効果で言えば、前述した香りもそうです。他にも、お湯の色味でリラックスできるという効果もあります。

入浴剤のイメージ
あなたにはどんな入浴剤がぴったり?お悩み別に、こういった成分が入ったものを選ぶと効果が期待できるということをお伝えします。お風呂で温まりながら、体の内からキレイを目指してみてください。

「冷え性」の方には血行促進効果があるものを

女性に多い冷え性。冬はとてもつらいですよね。そういった方には、血行促進効果がある入浴剤がおすすめです。

具体的な成分としては、「硫酸ナトリウム」「硫酸マグネシウム」「塩化ナトリウム」「塩化マグネシウム」が配合されているもの。これらの成分が入った入浴剤は無機塩類系入浴剤と呼ばれ、温泉成分としても知られています。

無機塩類系入浴剤には、皮膚洗浄効果のある「炭酸水素ナトリウム」「炭酸ナトリウム」「炭酸カリウム」を含むものもあります。

入浴剤のイメージ

「肌荒れ」に悩む方には鎮静効果があるものを

暖房のせいで肌が痒くなり、掻いてしまった…。または、ニキビが悪化してしまった…。そういった方におすすめなのが鎮静作用のある薬用植物系入浴剤です。こういった入浴剤は、鎮静効果の他にも、保湿、血行促進、消炎効果も期待できます。

「トウガラシ」や「ショウキョウ」「ウイキョウ」「カミツレ」「シャクヤク」「ユズ」「モモノハ」が配合されている入浴剤を選んでみてください。芳香成分も含まれていて、リラックス効果もありますよ。

カミツレの入浴剤のイメージ

「肌を清潔にしたい!」そんな方は清浄作用のあるものを

肌の清潔さは、女性にとって重要です。素肌美人の第一歩とも言えるでしょう。

選ぶときの基準は、「パパイン」などの酵素が入っているかです。皮膚表面の垢を取れやすくし、より清潔な肌を目指せます。

この手の入浴剤は粉末タイプ、顆粒、錠剤タイプのものが多くなります。というのも、酵素は水中では活性維持が難しくなるからです。

お風呂で美人になろう!入浴剤選びも賢く♪

このように、入浴剤と一口に言っても効能はさまざまなのです。ただ香りが良いから…パッケージに惹かれて…となんとなく選んでいた方は、お買い物を見直してみてください。ゆっくり湯船に浸かる冬だからこそ、入浴剤にはこだわりたいものです。

あなたの悩みに合った効能がある入浴剤を使って、素肌美人を目指しましょう。お風呂の時間がもっと楽しくなるはずですよ。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

膝上のお肉をキュッとさせる!メリハリヨガ・ツボ8連発
“魚×野菜”の時短・美活レシピで、内側から綺麗になる!
冬の紫外線対策にはPA値を重視!「冬のUVケア」3つのポイント
身のこなしにも影響が!美脚ストレッチで、ふくらはぎスッキリ!
1食置き換えで便秘解消!「さつまいもダイエット」でお腹スッキリ

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。