体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山崎育三郎、一夜限りのコンサート”1936 your songs”開催「今年は去年以上に育三郎イヤーに」

山崎育三郎、一夜限りのコンサート”1936 your songs”開催「今年は去年以上に育三郎イヤーに」

2016年8月にカバーアルバム「1936 〜your songs〜」をリリースし、テレビドラマやバラエティ番組等でも活躍中のミュージカル俳優・山崎育三郎が、1月15日に豊洲PITで一夜限りのコンサート「山﨑育三郎 コンサート 〜1936 your songs〜」を開催した。

ステージは、アルバム「1936 〜your songs〜」収録のJ-POPナンバーや、山崎の思い入れのあるミュージカル作品「レ・ミゼラブル」「モーツァルト!」「ミス・サイゴン」「エリザベート」の楽曲などを織り交ぜ、現在の日本のミュージカルシーンを支えるその圧倒的な歌唱力と、表現豊かなパフォーマンスで会場を魅了した。途中のMCで山崎は「ミュージカル俳優最強!」説を唱えたが、まさにその論説を裏付けるパワフルかつ華麗なステージを見せた。

フロアが暗転すると、それまでのざわめきがピタリと止まった。青い光に包まれたステージにバンドメンバーが登場し定位置につく頃、真っ赤なロングジャケット姿の山崎がステージに登場。センターにスッと立つと、「青春の影」のイントロをア・カペラで歌い始めた。まっすぐに伸びる歌を、息を飲むようにして聴き入る観客。初っぱなからその歌声に圧倒された形だ。続く「君は薔薇より美しい」ではミュージカル仲間の石原絵理、奥山寛、樺島麻美、高橋卓爾の4人がダンサーとして登場し、山崎が振付けしたダンスを一緒にパフォーマンス。総立ちの会場を盛り上げた。さらに「もっともっと!」と煽ったのは「愛は勝つ」。往年の名曲に合わせて、山崎のイメージカラーである赤いペンライトが大きく揺れていた。

次のブロックは数々のミュージカル作品に出演した山崎が、一番思い入れのあるという4作品の中から、「レ・ミゼラブル」の「カフェソング」、「モーツァルト!」の「僕こそ音楽」「影を逃がれて」、「ミス・サイゴン」の「WHY GOD,WHY?」、「エリザベート」の「最後のダンス」「ミルク」を、簡単なシーンの解説を挟みながら披露。それぞれのシーンが目の前に浮かび上がってくるような、情感豊かな歌声に酔いしれた。

大作すぎるミュージカルナンバーを続けて歌い、「疲れた」と笑いながらも、自身初となるチャレンジに果敢に挑む山崎。「以前からピアノを弾きます、と言ってましたので」と、ピアノ一本、山崎の弾き語りで尾崎豊の名バラード「Forget-me-not」を熱唱。有言実行、素晴らしい演奏を聴かせた山崎に賞賛の拍手が送られる。さらにバンドと一緒にピアノを鳴らした「奏(かなで)」、ステージが桜色に染まった「桜坂」と、オリジナルアレンジで歌い上げ、大ヒットソングもすっかり自分のカラーに染め上げていた。

バンドセッションの後、白いジャケットに衣装チェンジしてステージに戻ってきた山崎が「A Whole New World」「君はともだち」「under the sea」とディズニー映画でお馴染みのナンバーを次々繰り出すと、会場のテンションもさらにアップ。あたたかい空気の中、ダンスやコーラスを務めてくれたミュージカル仲間4人との共演話に花が咲く。ここで出たのが「ミュージカル俳優は最強なんじゃないか」説。「歌って踊れて演技ができて、野球もできて…」と自分の話にもっていって笑いをとっていたが、ここまでのパフォーマンスを見て、この説を否定する者は誰もいないだろう。「エンターテインメントの中の王様だ」という言葉にも納得だ。そして5人はさらに最強のパフォーマンスを見せる。「アメリカに留学していた時に、友達の車でいつも聴いていた曲を4人と僕の5人でア・カペラで歌いたいと思います」。その思い出の曲はビリー・ジョエルの「The Longest Time」。山崎のメインヴォーカルと4人のコーラスで、美しいハーモニーを聴かせた。

ステージはラストに向けてさらに熱を帯びていく。軽快に「女々しくて」を歌った後、CDには未収録のカバーナンバー「男の子女の子」では、サイン入りのボールをフロアに投げ入れ、自慢の肩を見せる。「まだまだ終わりません!」とラストは「TOKIO」で華やかに本編を締め括った。

山崎がステージを降りた後も観客は総立ちのまま、“イックン”コールを続ける。その声に応え再び登場すると、「本当に今日が楽しみでした。今後もこういうコンサートを絶対にやっていきたいので、CDもいろいろ計画しているので、楽しみにしていてください」と今後の展望を語った。そして「ずっと応援してくださっているファンの皆様との絆の曲です」と、ピアノ伴奏を山崎の声だけで中島みゆきの「糸」を思いを込めて熱唱。最後にもう一曲、と出演者全員をステージに呼び込み、昨年の「第58回 輝く!日本レコード大賞」で企画賞を受賞した時にも披露した「君は薔薇より美しい」を再び披露し、大盛況の中、約2時間のステージは終了した。

最後に山崎は「今年は去年以上に育三郎イヤーになるんじゃないかと思います」と語った。ドラマやミュージカルでの活躍はもちろん、彼にしかできないパフォーマンスと唯一無二な歌声を、コンサートという形で再び披露してくれることに期待だ。

撮影:矢部志保

関連リンク

山崎育三郎 オフィシャルサイトhttp://www.ken-on.co.jp/1936/
山崎育三郎 ユニバーサルミュージックサイトhttp://www.universal-music.co.jp/yamazaki-ikusaburo/
山崎育三郎 オフィシャルファンクラブhttp://iku-fc.com/
山崎育三郎 ツイッター公式アカウント(期間限定)https://twitter.com/ikusaburo_0118

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。