体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

独学で始める!初心者におすすめのLaravel学習サイト10選

PHPフレームワーク「Laravel」のインストール方法や基本操作、応用の使い方などが学習できるサイトです。

サイトによってそれぞれ特徴が違うので、ぜひ自分に合った学習スタイルで学んでみてください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHPオンライン講座の内容をもとにしています。

 

Laravel公式マニュアル

la_ed_1

学習スタイル:テキスト

Laravelの公式サイトです。「クイックスタート」からインストール方法を詳しく参照できるほか、設定方法から基本の使い方・パッケージの作成など大事な情報が揃っています。

これからLaravelを触ろうと思っている人は必要な情報がまとまっているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ララ帳

la_ed_2

学習スタイル:テキスト

Laravelのインストール方法についてとても分かりやすく解説されています。

最初に基本の操作を学びたいとき、初めてLaravelを使うときにおすすめのサイトです。

記事自体もかなり豊富にあるので、Laravelで何かつまずいたらサイト内で検索してみると良いでしょう。

 

ドットインストール

la_ed_3

学習スタイル:動画

動画でLaravelを学習することができるサービスです。プログラミングを始める多くの人が使うサービスになっています。

環境構築の作業手順などを実際に画面で見れるため、マニュアルだけでは分からないときにも有効です。

プレミアム会員(月額980円)では講座内のソースコードや動画の文字起こしなども閲覧できるようになります。

 

Schoo

la_ed_4

学習スタイル:動画

Schooは、動画を使った講義スタイルの学習サービスです。

プログラミングやデザインの領域も多く授業があり、2016年の12月からLaravel講座が開設されました。

動画によってLaravelを使ったWebアプリケーション開発について学ぶことができます。

過去の講座の閲覧はプレミアム会員(月額980円~)のみになりますが、Live授業は無料で参加が可能です。

 

Udemy

la_ed_5

学習スタイル:動画

動画による学習サイトです。有料の動画(各講座により金額は異なる)がメインですが、「Introduction to Laravel 4」コースは現在無料で受講することができます。

音声は英語が多めですが説明も分かりやすく見やすいものになっています。また、日本語の講座も存在します。

海外のサービスですが、日本展開もかなり力を入れていて、日本語コンテンツもどんどん増えてきているので、プログラミング全般の学習に役立つはずです。

 

Laracasts

la_ed_6r
1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。