体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

《医師がこっそり教える!》驚きのインフルエンザ予防法BEST5

《医師がこっそり教える!》驚きのインフルエンザ予防法BEST5
2017年もインフルエンザが流行しており、全国各地で猛威をふるっております。

出来れば感染せずにしっかりと予防したいですが、一体どのような方法が有効なのでしょうか。

今回は医師の建部先生に、「驚きのインフルエンザ予防法BEST5」を解説していただきました。

インフルエンザウイルスは常に狙ってる…!?

インフルエンザウイルスは寒い冬の時期に空気中に漂っており、常に私たちの口腔や鼻腔粘膜から入り込み、隙あらば体内への侵入・増殖のチャンスをうかがっています。

今回紹介する予防法は、バランスのとれた食生活・適度な運動や睡眠時間の確保といった生活環境を背景としたうえでのお話になり、当然完全なる防御ではなく「より高い予防効果が考えられる」という内容であることをご了承ください。

1位:インフルエンザワクチンを2回接種する

《医師がこっそり教える!》驚きのインフルエンザ予防法BEST5
1回目は通常通りのインフルエンザ予防接種推奨時期に注射し、その後2回目は、以下の時期に打つ方法が考えられます(13歳以上の場合)。

おすすめの2回目予防接種時期

◎ 1週~4週以内

インフルエンザの流行ピークで確実な予防効果を発揮させておきたい場合

◎ 6週〜18週以内

インフルエンザの流行期間全般において、一定レベルの予防効果を維持させておきたい場合

インフルエンザ流行期

国立感染症研究所の過去10年間のデータをみると、概ね以下のようになっております。

・インフルエンザの流行ピーク:1月から2月

・インフルエンザの流行期:12月から3月

つまり上記期間にインフルエンザワクチンの効果が発揮できるように、ワクチンを打つタイミングを考えられるとよいということになります。

インフルエンザワクチン有効持続期間

《医師がこっそり教える!》驚きのインフルエンザ予防法BEST5
「厚生労働省」と「内科などの医学書」で提示されているインフルエンザワクチン有効持続期間は、それぞれ以下のように読み取れます。

■ 厚生労働省

・インフルエンザワクチン有効期間:2週〜5カ月

厚生労働省では上記期間において効果が「期待できる」とし、13歳以上の方は1回接種でも予防効果がある、としています。なお、その効果の程度については言及していません。

■ 内科などの医学書

・インフルエンザワクチン有効期間:4週~21週以内

インフルエンザワクチン1回注射での有効期間について、内科などの医学書のグラフをみると、免疫「有効」持続期間は、4週~21週以内となっています。

22週目からの予防効果は個人差が大きく、急激に予防効果が落ちる可能性もあります。

これを回避するためには上記の「1週~4週以内」もしくは「6週〜18週以内」のいずれかのスケジュールで、2回目接種を行うのが合理的ということになります。

もちろん注射の都度、合併症や副作用のリスクは伴いますので、十分理解した上で自らの意思で接種する必要があります。

なおインフルエンザは、インフルエンザウイルスが口や鼻から体の中に入り、細胞へ侵入し増殖することで感染しますが、元々インフルエンザワクチンにはこれを完全に抑える働きがない、ということを付け加えておきます。

《参照》

・厚生労働省

2位:歯磨きとマウスケア

具体的な方法

《医師がこっそり教える!》驚きのインフルエンザ予防法BEST5
□ 通常の毎日の歯磨きはいつもよりも念入りにする

1 2 3 4次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。