体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【パリッコ】たまには背伸びして……吉祥寺「カイ燗」で燗酒の快感に酔う【大人の隠れ家】

f:id:Meshi2_Writer:20161201125820j:plain

こんにちは、パリッコです。今回も調査という名の飲み歩き活動にいそしんでいきたいと思います。

さて、すっかり寒くなりましたね。

日本には四季があって、旬の食材が豊富にあり、そこにさまざまなお酒をいろいろな飲み方で合わせられ、それこそが酒飲みにとっての最大の楽しみでもあります。

で、寒くなってくると俄然飲みたくなるのは、なんといっても「燗酒」!

銚子からお猪口(おちょこ)に注ぐと、ふわりと漂う甘い日本酒の香り。

そっと口に含み、じっくりと味わいつつ飲み込むと、食道から胃までがじんわりと温まり、やがて身体全体を優しく多幸感が包み込む。

冬も悪くないな、と、素直に思える瞬間です。

ただし! 日本酒って詳しくない人にとってはハードルが高いのも事実。

純米、吟醸、本醸造、甘口、辛口、なんだかややこしい上に、お燗となれば、日向燗、人肌燗、ぬる燗、上燗、熱燗に飛切燗……もういいです、すいません、今日はウーロンハイにしときます! と発狂したくなる方も多いことでしょう。

かくいう僕も、お店では極力好みの銘柄などは聞かれずに「お酒、お燗でお願いします」と頼むと出してもらえて、文句も言わずそれを飲む、という大衆酒場パターンに越したことはないというタイプ。

ですが、そこから思い切ってもう一歩燗酒の世界に踏み込むと、ものすご~く幸せになれることも事実なんですよね、これが。

今回は、そんな燗酒の世界を僕に教えてくれた、東京・吉祥寺の名店「カイ燗(かいかん)」をご紹介したいと思います。

まずは島根「開春」で一献

お店があるのはJR吉祥寺駅北口、ヨドバシカメラなどが入ったでっかいビルの裏手にある飲み屋街。

その中の一軒の居酒屋さんの脇にある、小さな階段を店名「カイ燗」ののれんを目印に上がってゆくと……

f:id:Meshi2_Writer:20161201130057j:plain

カウンターだけの店内

f:id:Meshi2_Writer:20161201130111j:plain

ずらりと並ぶ日本酒

まさに大人の隠れ家と呼ぶにふさわしい小さな燗酒屋「カイ燗」があります。

慣れないと扉を開ける時に緊張するかもしれませんが、初めてのお客さんには女性店主の渡辺さんが「うちはお燗酒専門店なんですが、大丈夫ですか?」と優しく聞いてくれますし、一度席に座ってしまえばこんなに落ち着くお店はありません。

気後れなどせずにぜひどうぞ。

ここではまず、何も頼まなくても、小鉢が4皿乗ったお通しと半合のお酒が出るのがお決まり。

今日はお酒を、

f:id:Meshi2_Writer:20161201130329j:plain

島根「開春 生酛木桶仕込」、鳥取「辨天娘(べんてんむすめ)」

の2種類から選べるとのこと。

1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。