体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MacBook Airをタッチスクリーン化する「AirBar」、新バージョンがついに登場!

AirBar以前、ノートパソコンをタッチスクリーン化するツール「AirBar」を紹介した。2017年度の国際的家電見本市“CES”で、MacBook Air対応の「AirBar」の新バージョンがお披露目された。Macユーザー待望の一品である。

・スクリーン下部に置くだけでタッチスクリーン機能

「AirBar」とは、ラップトップのスクリーン下部に配置するデバイスで、そこから見えない光のフィールドが発せられ、ディスプレイを覆う。

その光の乱れ方を感知することでタッチジェスチャーを認識し、タッチスクリーンと同様の機能性を発揮するというもの。USBポートでつないで用いる。

AirBar2これまで、WindowsとChromeには対応していたが、今回のは最新のMacBook Air対応のモデル。

・現状はベータ版だがさらに改良を進めていく意向

ただし、まだソフトウェアはベータ版の開発段階で、現状ではマルチタッチジェスチャーを読み取ることはできず、1本指のタッチのみ感知できる。

デモ体験では、動作自体は非常に良好だったという。出荷段階までにはスルスル動くWindows版と同レベルのパフォーマンスまで向上させていくとのこと。

AirBar3こちらはあくまで最新の13インチMacBook Air向けの仕様。スクリーン下部にデバイスを配置するスペースの少ない旧版のスクリーンにはフィットしにくく、Mac dock表示部分が隠れてしまうのが難点なためだ。

・3月ローンチ予定、価格は99ドル

チームとしては今後、より小さいサイズのrMBPシリーズやUSB-C対応のMacBookシリーズなどにも対応させていきたい意向。2017年3月にローンチ予定で、価格は99ドル(約1万1400円)となる見込みだ。
AirBar

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。