体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大自然に学ぼう】キャンプに行くことで気づく、人生に大切な「14のコト」

【大自然に学ぼう】キャンプに行くことで気づく、人生に大切な「14のコト」

キャンプは大自然の中に自分の存在そのものを溶かし込むことができる特別なアクティビティ。自然の中で呼吸することで、心も身体もそこにある新鮮な空気と一体化する。

都市生活を離れることで、自分の内面に語りかけてくる何かを見つける。ご飯だって、外で食べるだけで単純に美味しくなったりする。人生を考えるための時間をつくって、キャンプに出かけよう。そこには想像以上にたくさんの学びがあるもの。

01.
モノに縛られない生活

【大自然に学ぼう】キャンプに行くことで気づく、人生に大切な「14のコト」

キャンプに多くの物はいらない。シンプルに寝床と、食料とくつろげるチェアー。必要最低限のものだけしっかりと用意できればいい。少し不便さを感じるくらいが、じつはちょうど良かったりもする。日常の生活では、決して気づくことの出来ない、「モノがない」ことのありがたみを噛みしめよう。

02.
創造力の育て方

自然のなかでは遊び方もいろいろ。河原で石をオブジェのように積み上げていくだけでもなぜだか面白い。自分の部屋に持ち帰りたくなる流木を見つけたときの歓びはひとしおだ。目の前にあるものを手にし、肌で感じて考える。自然の中で遊びながら、大きくなっていく「創造」の姿形を捉えていく。そこにある何かに気づいて、探して、考えて、大きくしていく。都会にいると忘れがちなことを、自然が思い出させてくれる。

03.
自力で生活する大切さ

【大自然に学ぼう】キャンプに行くことで気づく、人生に大切な「14のコト」

自分のことは自分でする。そんな当たり前のことも、ついわからなくなってしまいがちだ。キャンプでは朝寝坊をするのは自由だけど、誰も朝食は用意してくれない。環境が変わることでそれまでの自分の甘さに気付くことがある。

04.
初体験に多くの学びがある

キャンプに出かけて初めて経験したことはたくさんある。魚釣りには適した時間帯があること、火でご飯を炊くときに焦りは禁物であること。何かひとつ、人より経験値の高いものがあれば誰だってヒーローになれること。大自然では、普段は小さくて地味で見えないようなことが、とても大切だってことに気づけるチャンスでもある。

05.
悩みなんて小さい!

【大自然に学ぼう】キャンプに行くことで気づく、人生に大切な「14のコト」

清流に森の中に湿原に。キャンプに出れば、ありとあらゆるシチュエーションで、マイナスイオンをたっぷり全身に感じることができる。仕事のストレスもここでは皆無。流れる水を眺めたり星空をただ見つめているだけで、心のモヤモヤなんて消えてしまう。

06.
生きるためには
誰かを頼っても良い

アウトドアでやるべきことのすべてを一人でこなせる人はまずいない。食事のためには火が要るとして、火のおこし方は上手な人に教わるのが得策だし、テントを張る場所を間違えると、寝ている間に危険な目にあうこともある。

自分の身の回りに必要不可欠な知識は、独りで全部集めるよりも皆からかき集めた方がお互いにとって早くて簡単だったりする。

07.
スマホがなくても
何も変わらない

近年ではキャンプの場にもWi-Fiや電波があり、どこまでもソーシャルな環境が揃っている。でも、キャンプは非日常体験の場でもある。短期間でもいいから自分からスマホをOFFにしてみて?

自然の大パノラマや、朝もやの中で飲むコーヒーの美味しさ。それを目の前にいる仲間達と共有する。本当の魅力は、「いいね」の数なんて見なくてもわかるもの。

08.
「食」に詰まっている
知識・文化の面白さ

【大自然に学ぼう】キャンプに行くことで気づく、人生に大切な「14のコト」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。