体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

皮を使わず、餃子の餡だけを焼き上げた「ギョーザ焼き」

1月13日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、開運スポットを巡る特集の中で、南原清隆さん、陣内智則さん、日本テレビアナウンサーの水卜麻美さん、アンジャッシュの渡部建さん、久本雅美さんが「甚六」(東京都港区)を訪れた。

地下鉄広尾駅から徒歩10分ほどにある同店は、鉄板焼きや関西風お好み焼きが味わえるお店。番組では、久本雅美さんが好きなお店のメニューとして「甚六ギョーザ焼き」(1404円/税込み)が紹介された。なんとこちらのメニューは、餃子の皮を使用しておらず、ネギ・キャベツ、ひき肉などの餃子餡を焼き上げた、周りはカリっと、中はジューシーな食感のギョーザ焼きをポン酢ベースの自家製ダレで頂く一品だ。

渡部建さんが「甚六ギョーザ焼き」を食べると「いつも餃子だと皮がまず来るじゃないですか、それでなくダイレクトにこの餡があるんで、いきなりの野菜のうま味とかがポンと来る感じですよね。これだったら量いけちゃいそう、皮がない分、美味しい!これは新感覚。」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:JINROKU(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:白金・白金台のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:白金・白金台×和食のお店一覧
ブランド肉を使用したチャーシューが2枚!「煮干し中華そば」
秋田名物!比内地鶏を使った「きりたんぽ鍋」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。