体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリートウッド・マックのクリスティン・マクヴィーとリンジー・バッキンガムがデュエット・アルバムをリリース予定

フリートウッド・マックのクリスティン・マクヴィーとリンジー・バッキンガムがデュエット・アルバムをリリース予定

 フリートウッド・マックのメンバーでシンガー・ソングライターのクリスティン・マクヴィーとリンジー・バッキンガムが『バッキンガム・マクヴィー』(仮題)というデュエット・アルバムを近くリリースする。

 「長年ずっとお互いに気の合う関係だったけれど、一緒にデュエット・アルバムを作ろうと思ったことはなかった。バンド(フリートウッド・マック)に加入する前にスティーヴィーと作ったアルバム(1973年の『バッキンガム・ニックス』)はあったけれど、それ以外はフリートウッド・マックかソロしかやってない」とバッキンガムがロサンゼルス・タイムズ紙に語った。

 このニュー・アルバムは、フリートウッド・マックから独立した存在として制作されるものの、バンドのドラマー、ミック・フリートウッドとベーシスト、ジョン・マクヴィーがロサンゼルスのヴィレッジ・スタジオでのレコーディングをアシストしているようだ。このスタジオは70年代後半に名盤『牙(タスク)』がレコーディングされた場所だ。スティーヴィー・ニックスは、現在【ロッキン・24キャラット・ゴールド・ツアー】と題された自身のソロ・ツアー中のため、アルバムに参加していない。2017年まで続いているこのツアーはプリテンダーズがオープニング・アクトを務めている。

 この新作は、フリートウッド・マックの現役メンバー同士のデュエット・アルバムとして初めての試みであると同時に、10年以上バンドから遠ざかったいたマクヴィーの復帰作でもある。

 「自分を信じられているか疑問に思っていたかもね。でも、“やってごらん、クリス。やってみればいいじゃない”って思うようにしたの。そしたら結果としてこれまでで一番の体験になったわ。バンドと再びつながることができたし、曲作りの相性が素晴らしくいい人を見つけることができた。リンジーと私は昔から曲作りの相性が良かったけれど、今回はそれが驚くほどいい結果をもたらしたの」と彼女は明かした。

 『バッキンガム・マクヴィー』のリリース日は未定だが、早ければ5月頃には聴くことができそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

フリートウッド・マック、ドラマーの不調によりコンサートを短く切り上げる
フリートウッド・マックのジョン、がんと診断されツアーをキャンセル
フリートウッド・マック、2012年にツアー活動を再開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。