体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DCコミックス映画『グリーン・ランタン・コァ』、脚本家にデヴィッド・S・ゴイヤーとジャスティン・ローズを起用

  • green-lantern-corps
    DCユニバースを拡張し続ける米ワーナー・ブラザースは、映画版『グリーン・ランタン・コァ』の脚本家にデヴィッド・S・ゴイヤーとジャスティン・ローズを起用した。ゴイヤーは、自身が率いるファントム・フォーを通じて同作のプロデュースも手掛け、DCコミックスの責任者ジェフ・ジョンズとジョン・バーグが、エグゼクティブ・プロデュースを手掛ける。

米ワーナーは、2011年に公開されたライアン・レイノルズ主演の映画『グリーン・ランタン』を手掛けた。同作は期待外れの結果となりスタジオは同作のシリーズ化を諦めたが、レイノルズはマーベル映画『デッドプール』に主演して大ヒットを収め、同作はR指定映画で歴代最高興行収入を記録した。

2011年の『グリーン・ランタン』は、ハル・ジョーダン(グリーン・ランタン)に焦点を当てた作品だったが、ジョーダンは次回作にも登場し、コァの中心人物の1人となる見込みだ。アフリカ系アメリカ人のスナイパー、ジョン・スチュワートもコァの一員として参加し、同作で主要な役割を果たすと噂されている。

現在、米ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ・グループの社長兼COO、トビー・エメリックに直属するバーグとジョンズが、同スタジオに向けてプロジェクトを監修する。

レイノルズについては、『デッドプール』への関与を考えると、ジョーダンとして復帰することはまずないだろう。

クリストファー・ノーラン監督の映画『バットマン』シリーズを展開する時代にまでさかのぼり、ゴイヤーは長年にわたり、DCユニバースの大部分を担ってきた。ゴイヤーはWME(ウィイアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)と代理人契約を結んでいる。

ローズもWMEと代理人契約を結んでいる。このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。