体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20メガピクセルセンサー搭載!Polaroid 、新インスタントカメラ「Pop」発売へ

Pop撮影したその場で写真をプリントできるインスタントカメラは根強い人気を持つ。そのインスタントカメラを開発した米国のPolaroidが新型カメラを発表した。

20メガピクセルセンサーで高解像度の撮影が可能な「Pop」。しかもBluetoothとWi-Fiでつなげてスマホなどに入っている写真もプリントできるというものだ。

・フルHDビデオの撮影も!

プリントできる写真のサイズは3.5×4.25インチ(8.89×10.795センチ)と従来と変わらない。インクは不要で、印刷紙に熱を加えることでカラー印刷される。

Popの売りは、何と言っても20メガピクセルセンサー搭載していること。また2つのLEDフラッシュも内蔵し、高品質の写真を約束してくれる。

また、写真だけでなく1080pのフルHDビデオの撮影も可能で、データはマイクロSDカード(最大128GB)に保存できる。

・スマホ写真も印刷

加えて、カメラとしてだけでなく写真プリンターとして使える機能もかなり便利そうだ。

SDカードを差し込んでその中に入っている写真を印刷したり、Bluetoothなどでつないだスマホの写真をプリントしたり。専用アプリ(iOS、Android)も用意されているので、印刷前にこちらで編集すると会心の一枚となりそうだ。

インスタントカメラとして、またプリンターとしてかなり使えそうなPopは、家電見本市CES 2017で発表された。価格は未定で、今年第4四半期にも発売される見込みだ。

Polaroid

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。