体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『1月14日はなんの日?』LL・クール・Jの誕生日、ヒップホップ史に残る名曲「アイ・ニード・ラヴ」から30年

『1月14日はなんの日?』LL・クール・Jの誕生日、ヒップホップ史に残る名曲「アイ・ニード・ラヴ」から30年

 1月14日はヒップホップ・アーティスト、俳優として活躍するLL・クール・Jの49歳の誕生日。1984年に弱冠16歳でデビューを果たした“Ladies Love Cool James”ことLL・クール・Jは、ヒップホップ・シーンに身を置きながら早くから映画やTV出演も積極的にこなすなど、米国ショービズ界で成功を収めたアーティストでもある。それが原因で同業者からの反感を買った時期もあったが、やはりヒップホップ史を語るうえでLL・クール・Jの功績は絶対に欠かすことができない。

 今から30年前、1987年にリリースした「アイ・ニード・ラヴ」は、ヒップホップ・アーティストとして初めて全米ビルボードR&BチャートNo.1を獲得した記念すべきナンバーであり、総合チャートにおいても14位となるヒットを記録。今でこそヒップホップはさまざまなジャンルの楽曲とともにチャート上位争いをしているが、当時としては異例のことだった。これは、その名の通りヒップホップを愛聴する硬派な男性ファンのみならず、女性から絶大な人気を誇ったLL・クール・Jだからこその結果だった。その後も「アラウンド・ザ・ウェイ・ガール」(1990年)、ボーイズIIメンをフィーチャーした「ヘイ・ラヴァー」(1995年)など、総合チャート上位に食い込むヒット曲を多数輩出、2000年にリリースしたアルバム『G.O.A.T.』で初の全米ビルボード・アルバムチャート首位も獲得している。

 現在、LL・クール・Jは日本でも放送されているTVドラマシリーズ『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』に出演中。また、昨年まで5年間にわたりグラミー賞のホストを務めていたが、今年、TVトーク番組『ザ・レイト・レイト・ショー』の司会者として人気を博しているジェームズ・コーデンにそのバトンを渡している。

関連記事リンク(外部サイト)

【グラミー賞】が第58回にして初めて全米に生放送されることに
【ACL 2016イベントレポート Weekend 1- DAY 2】ケンドリック・ラマー/LL・クール・J/ナッシング・バット・シーヴス/アンドラ・デイが出演
LLクールJが子供たちへ学用品とリュックサックを寄贈

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。