体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

意外と簡単!? 『ローグ・ワン』監督直伝、『スター・ウォーズ』の世界観を作る3つのポイントとは?

意外と簡単!? 『ローグ・ワン』監督直伝、『スター・ウォーズ』の世界観を作る3つのポイントとは?

 大ヒット公開中の映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の独特の世界観を作り出す方法をギャレス・エドワーズ監督が明かしてくれた。

 監督曰く、「『スター・ウォーズ』の世界観を描く時に大切なのは、アジアの文化、建築、ファッションの要素だ。そこに10%のファンタジー要素を付け加える。すると、エキゾチックで少し未来的なイメージがありながら、90%はリアルに感じられるから、見たことのない世界が作れるんだ」と、同シリーズの秘訣を語った。

 帝国軍に占領されている惑星ジェダを例に挙げよう。この星は主人公ジンが盲目の戦士チアルートと友情に熱い勇者ベイズと出会う神聖な場所。ここで監督が参考にしたのが、エルサレムにあるマサダの岩山の要塞や、第二次世界大戦時の占領下のパリだ。草ひとつないマサダの岩山は、まさに劇中に登場するジェダにそっくり。そこに10%のファンタジー要素を加えると、あっという間に『スター・ウォーズ』らしくなってしまうのが、なんとも不思議だ。

 さらに、本シリーズの生みの親、ジョージ・ルーカスが描いた第1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場するダース・ベイダーのマスクは日本兜からインスピレーションを受けて誕生したもので、ここでも日本(アジア)の文化、ファッションが取り入れられていることが分かる。実際にこのポイントを活かせばあなたも『スター・ウォーズ』の世界を作り出せてしまうかもしれない。シリーズ初の“泣ける” 『スター・ウォーズ』として高い支持を受けている本作は、現在大ヒット公開中。

◎公開情報
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
2016年12月16日(金)より上映中
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、大人気ドロイドK-2SOはどうやって撮影?特別映像が公開
スター・ウォーズシリーズ最新作『ローグ・ワン』の特別メイキング映像が公開
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、“愛されドロイド”K-2SOの本編映像が到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。