体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボードHOT BUZZ SONG】デジタル領域に強いアイドルグループ欅坂46が再浮上&2曲チャートイン

【ビルボードHOT BUZZ SONG】デジタル領域に強いアイドルグループ欅坂46が再浮上&2曲チャートイン

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く“ホット・バズ・ソング”。今週も1位は星野源「恋」が獲得し、再びピコ太郎「PPAP」、RADWIMPS「前前前世」の3曲がトップ3を制するという結果となった。

 その他、注目すべきは欅坂46の「サイレントマジョリティー」と「二人セゾン」が再浮上し、ともにトップ10入りを果たしたこと。両作品ともリリースから既に数か月が経過しているが、【COUNTDOWN JAPAN 16/17】やNHK『紅白歌合戦』など露出が続いたことで、前週と比べて「サイレントマジョリティー」は動画再生数が、「二人セゾン」はダウンロード数が増加しているのだ。アイドルグループとしては珍しくデジタル領域で強さを発揮している欅坂46。コアファンのみならずライト層までファンを増やし、息の長いヒットを見せている。

 そして、同じく再浮上したのはSuchmosの「STAY TUNE」。1月25日に2ndアルバム『THE KIDS』をリリースすることで再び注目が高まり、「STAY TUNE」に関連するツイート数と本作のミュージックビデオの再生数が増加。その影響がダウンロード数にも影響し、ダウンロードポイントが約2倍に増えている。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2017年1月16日付)
1位「恋」星野源
2位「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」ピコ太郎
3位「前前前世」RADWIMPS
4位「道しるべ」舞祭組
5位「サイレントマジョリティー」欅坂46
6位「ハッピーエンド」back number
7位「STAY TUNE」Suchmos
8位「SUN」星野源
9位「二人セゾン」欅坂46
10位「SNOW SOUND」[Alexandros]

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN HOT 100 2017年1月16日付
【ビルボード】星野源「恋」、舞祭組と仮面女子を抑え5週連続でJAPAN HOT100総合首位獲得
【深ヨミ】舞祭組と仮面女子、CDセールスに大きな違い

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。