体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国立劇場の本気 PPAPアレンジが圧巻

国立劇場の本気 PPAPアレンジが圧巻

 ピコ太郎さんのPPAPが世界中に旋風を巻き起こしていますが、それに乗じて一般人からプロのアーティストまで様々なアレンジを発表しています。

 元日には歌手のさだまさしさんが「年の初めはさだまさし」の番組内で唐突に「PPAP~和風バージョン~」を公開。うとうとしながら番組を観ていた筆者は眠気が吹き飛ぶほどびっくりしましたが、最高にロックでクールなさださんに拍手が止まりませんでした!!

【関連:PPAPアレンジ「ぽいっ まーきのっ」が流行】

 そんなブームの中、今度は伝統音楽の分野から飛び出した和風PPAPが話題になっています。今回挑戦しているのはなんと国立劇場。「邦楽、伝統芸能の普及に一役買えればという思い」から国立劇場版のPPAP動画を制作しちゃったみたいです!

 これを文楽の人形遣いである桐竹寛次郎さんがツイートすると、瞬く間に拡散され、現在では5,000以上もリツイートされる自体に。題名は『PNSP(Pen-Nurisampo-Sampo-Pen)/国立劇場版PPAP [塗三方 ぬりさんほ゛う]』とされ、三方と筆、塗三方と筆を持った国立競技場の公式キャラクターである“くろごちゃん”が和楽器に合わせて愛らしく踊ってくれます。

 それにしても、改めて和楽器ってこんなにも格好良いんだと改めて思っちゃいましたよね。プロたちの本気の威力は圧巻です。このまま2017年もピコ太郎ブームに乗って、様々な分野のアーティストがアレンジしてくれるのを期待しちゃいますね!

※画像はPNSP(https://youtu.be/Idw8PHP4yCw)のスクリーンショット。

(大路実歩子)

関連記事リンク(外部サイト)

『おとりよせ王子』作者の「SNSアップ用写真あるある」が話題
ネットで「ぽいっ まーきのっ」が流行 おばたのお兄さん動画は16万いいね!
松澤千晶アナ紹介の喉ケアが衝撃 <追記>

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。