体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミニアンテナにして受信機が感度アップする理由

ミニアンテナにして受信機が感度アップする理由

受信機に付けるアンテナは基本的に長いほうが有利です。ところが、アンテナメーカーが作る製品には10cm以下のミニアンテナも存在。受信機の付属アンテナと交換すると、受信感度が劇的に変化することがあります。ミニアンテナにして受信機が感度アップする理由を見ていきましょう。

受信機用アンテナは150MHzで50cm

アンテナの全長は、受信したい周波数の波長で決まります。ハンディ受信機用ホイップアンテナに多い1/4波長アンテナであれば、波長の1/4の長さになりますが、それでも150MHz帯では50cm前後ということです。

これでは持ち運びに不便なので、アンテナメーカーは感度を落とさずに全長を短くする技術的な工夫をしています。また、特定の周波数帯で高感度が得られる長さにしてしまうと、波長が異なる他の周波数帯の感度が上がりません。

そこで複数の周波数帯でまんべんなく感度が得られるよう、技術的な同調を取ってマルチバンド化しています。その技術が、らせん状に巻かれたアンテナのエレメント(導線:線の部分)です。

受信機がミニアンテナで感度アップ

これはアンテナの全長を短くする基本的な技術で、らせんを意味するヘリカルを付けて「ヘリカルホイップアンテナ」と呼ばれています。エレメントをコイルの様にグルグルと巻くことで、長いアンテナを物理的に短くしていきます。

便利な技術なので、多くのホイップアンテナで使われていますが、根元部分やアンテナの中間部分に限定されているのが通常。それに対してミニアンテナの内部は、びっしりとコイルが巻かれ、電気的な全長を伸ばしています。

アンテナの一部ではなく、すべてをグルグル巻きにするミニアンテナでは短縮率が高くなるので、巻き線を太くすることで短縮率を軽減させる構造。同時に共振周波数から離れた帯域にも感度が発生するので、広帯域性能が得られる一石二鳥の構造になっています。こうして受信機が感度アップするわけです。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。