体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピザトーストについて僕が語りたい8つのこと

f:id:uralatokyo:20161130153019j:plain

どんな髭剃りにも哲学がある

この言葉、村上春樹の小説(『1973年のピンボール』講談社)で知ったのですが、元はサマセット・モームの小説からの引用のようです。

日常的で些細(ささい)なルーティーンでも、長く続ければそれなりの哲学が生まれる。うん、それはたとえピザトーストであっても同じハズ!

みなさんこんにちは、カゲゾウです。いつもの朝ごはん。お米と味噌汁とおかずでは手間がかかりすぎる、かといってトースト1枚だけでは味気ない。そんなとき、ボリューミーでリッチな味わいのピザトーストはとても重宝しますよね。

毎度作っているうちに、どうも自分なりの哲学というか、こだわりが生まれてきました。今日はそんな思いの丈を語らせてもらえればと思います。

語り:その1「食材は簡単に手に入るものでよい」

ピザトーストの魅力の1つは“手軽さ”にあると思います。それは調理の手間しかり、食材の入手のしやすさしかり。有機野菜や専門店のパンなど、食材にこだわるのもアリですが、近所のコンビニやスーパーで簡単に手に入るもので作ってこそのピザトーストではないでしょうか。こだわるのは、具の選定や調理であるとカゲゾウは思っています。

語り:その2「5枚切りか6枚切りか、それが問題だ」

f:id:uralatokyo:20161130152308j:plain

何枚切りのパンを使うか。実はこれは今もカゲゾウを悩ませる問題です。しかしピザトーストを構成する最も重要な土台。これを避けて通るわけにはいきません。

かつて私は若かった。いや未熟と言い換えたほうがいいでしょう。当時は8枚切り一択でした。というのも、生地が薄く端までクリスピーなあの「ローマ風ピッツァ」を無謀にもピザトーストで再現しようとしていたからです!

でもいくらがんばってもトンビが鷹を産むことはありません。軽自動車をいくらチューンナップしたところで、F1マシーンにはならないのです。ローマ風には程遠い、両面焦げたトーストに何かが乗ったものしかできませんでした。

そんなあるとき、コンビニで8枚切りが売り切れており、試しに6枚切りでピザトーストを作ってみたところ……、「ん? パンの中がフワフワしてうまいぞ。むしろピザトーストの魅力はこちらにあるのではないか!」。

ゴホン、遅きに失しましたが、ピザトーストは決して「ピッツァ」ではなく、もっと大らかな「ピザ」であり、こんがり焼けた上面と、パン本体のフワフワ感のハーモニーこそ重要であることにようやく気がついたのです。

では4枚切りがいいのか? 答えはノンです。4枚だとパンが厚すぎて上面は焼けているのに、パンの中心部はまだぬるいという状態に陥り、火の通し方が恐ろしく難しい。そもそもカゲゾウの家は5人家族ですし(←知らんがな!)、4枚切りではケンカになります。

では5枚切りは? こちらは捨てがたい。火加減の難しさはありますが、上手に焼けたときのうまさは6枚切りをしのぎます。しかし、です。ウチの場合、まだ小さな子どもがいるので、5枚切りでもちと厚すぎる。とくにまだ保育園通いの一番下のチビを見ていると、あの厚みでもかなり食べづらそう。というわけでカゲゾウとしては6枚切りを採用しています。

語り:その3「ソースはケチャップで十分」

f:id:uralatokyo:20161130152334j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。