体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クリス智子の笑い声は20パターンある!?

クリス智子の笑い声は20パターンある!?
【連載】やきそばかおるのEar!Ear!Ear!(vol.16)

気がつけば1月に入って2週間が過ぎているので「今さらかよ」と思われそうですが、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

私事ながら、今年の目標は「写真を撮った時に、目が笑っているように見えるようにする」です。しかも、10年連続で同じ目標です。私と同じような悩みを持っている方なら分かってもらえると思いますが、自分では楽しんでいるのに、写真で見ると目が笑っていないように見えるのです。少しでも笑顔に見えるようにと、写真を撮られる時に口を開けるようにしたものの、うまくいきません。むしろ、満面の笑顔の人々の中に、一人だけ「単に真顔で口を開けている人」のように見えます。昔、人の話を楽しく聞いていたのに「私の話、つまんない?」と言われたこともあります。その時以降、なるべく自然な感じで声を出して笑うようにしました。オードリーの若林さんも、飲み会の場で楽しんでいたのに「なんでつまんなさそうな顔をしてるんだ!」と先輩から怒られたことがあると番組で話していました。気持ちは痛いほど分かります。

そんな私なので、「好きなタイプ」を聞かれると、「よく笑う人」と答えます。J-WAVEのナビゲーターでいえばクリス智子さん、秋元梢さん、LiLiCoさん。特に私にとって、クリス智子さんのJ-WAVE番組のリスナー歴は長く、「BOOMTOWN」や、小山薫堂さんと担当されていた「6 P.M.」時代からのリスナーです。クリス智子さんのすごいところは笑い方のバリエーションの豊富さとツッコミの早さ、それでいて、番組をキッチリ進行させるという、「特選三点セット」です。笑い方は「ふふふ」から始まって「わっはっはっは」「ひっひっひっひ」、さらに「ひゃっはっはっはっは!」まで、聴いているだけでも20パターンはあるのではないでしょうか。

現在は、デザイナーの佐藤オオキさんと「SEIBU SOGO CREADIO」(日曜 21時)のナビゲーターを担当しています。佐藤さんのデザインやアートにまつわるトークに、「クリス智子特選三点セット」が加わり、一層楽しい番組になっています。日曜のこの時間にラジオ局をザッピングしていて、女性の笑い声が聞こえてきたらクリス智子さんだといっても過言ではないかもしれません。

クリス智子さんは時々、「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL」も担当されます。中でも毎年「成人の日」に放送されている9時間の特番は、前述の「6 P.M.」コンビの小山薫堂さんと担当していて、既に10回以上放送されています。これまた笑いの絶えない放送で、試しにとある10分間でクリス智子さんが何回笑ったかを数えたところ、31回でした。毎年、この番組が放送されるのを楽しみにしているリスナーも多いようです。「笑う門には福来たる」ならぬ「笑う放送にはリスナー来たる」なのです。

こういう風に書くと、クリス智子さんには悩みがないように思われてしまうかもしれませんが、先日放送された「SEIBU SOGO CREADIO」で、佐藤さんに「クリスさんは困ってることはありますか?」と聞かれて「悩みはたくさんありますよ」と即答していました。クリス智子さんはこのところ、家をリフォームしていますが、肝心の表札を付けるのを忘れていたそうで、佐藤さんに神にすがるように「どうすればいいか」相談していました(笑)。

一方、世の中にはリアクションの薄い人もいます。そういう人を「まぐろ」とすると、よく笑う人は「さんま」といったところでしょう。クリス智子さんは間違いなく、「さんま」です。ちなみに、明石家さんまさんの笑い声を音声学的に分析したところ、アホウドリの鳴き声の周波数と同じだったそうです。「アホウドリの言葉が理解できれば、会話ができる可能性がある」と言われたということを、さんまさんは話のネタにしています。「アホウドリの目の前で引き笑いをしたところ、3羽振り返った」とも(笑)。

そういった意味では、目が笑っているように見えない状態、つまり、目のリアクションが薄い私の目は「まぐろ」の状態なのです。私は目を「さんま」にすべく、まずは目の周りからでも改善していこうと思い、年末に買った「目元エステ」を日々使用しています。さらに、表情筋も鍛えるために「笑顔のエクササイズもしよう」と思っている次第です(だんだん、女性誌みたいな内容なってきたぞ)。

笑い声が聞こえてくるラジオ番組といえば、毒蝮三太夫さんの番組も挙げられます(蝮さんの名前を出した時点で、女性誌っぽくはないな)。蝮さんの番組で笑っているのは、公開生放送に来たお客さんの方ですが、以前、23分間の放送で笑いが何回起こるかを数えたところ、67回にも上りました。およそ20秒に一度は爆笑が沸き起こっている計算です。なんと幸せな番組なんでしょう。今年も色々なラジオを聴いて、たくさん笑って、目が笑っているように見えるように頑張ります(我ながら、どういう誓いなんだ)。

SEIBU SOGO CREADIO http://www.j-wave.co.jp/original/creadio/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。