体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノルウェーでマイクロ工房発の「クラフトビール」を巡る旅

ノルウェーでマイクロ工房発の「クラフトビール」を巡る旅

お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝統的ですが、クラフトビールも大人気。

とくにデンマークの「Mikkeller(ミッケラー)」は有名なので、その名を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。今回私が旅しているノルウェーにも、この5年ほどで、地方のマイクロ工房が造る個性的なクラフトビールが急増していました。

フィヨルドに張り付いた
小さな村で飲むクラフトビール

ノルウェーでマイクロ工房発の「クラフトビール」を巡る旅 その小さなクラフトビールBARは、ノルウェー旅のハイライトのひとつ、フィヨルドクルーズで立ち寄れる小さな村「Flåm(フロム)」にありました。雄々しいフィヨルドの峰の麓に、家々が張り付くようにして村を形づくるそこは、まるで絵本の中の世界。ノルウェーでマイクロ工房発の「クラフトビール」を巡る旅 クルーズ船を降り向かったのは、ノルウェーの人気クラフトビール「エーギル・ブリッゲリーエ」の醸造所に併設されたクラフトビールBARです。ノルウェー人のルーツ、ヴァイキングの船を思わせる木造の店内とパチパチ燃えるオレンジの暖炉に、思わず心のコートまで脱いでしまいます。ノルウェーでマイクロ工房発の「クラフトビール」を巡る旅ノルウェーでマイクロ工房発の「クラフトビール」を巡る旅

オーダーしたのは、5種類のクラフトビールが楽しめる「テイスティングセット」(130クローネ/約1,800円)。真ん中の「Siv Witbier」はコリアンダーとオレンジピールのフレイバーが入ったホワイトビール。右端の「Sumbel Porter」はまあるく柔らかな舌触りと、甘い余韻が印象的なダークビールで、店員さん曰く「チョコレートケーキと一緒に楽しむコーヒー代わりにぴったり」だとか。ノルウェーでマイクロ工房発の「クラフトビール」を巡る旅

マイクロ工房のビールが集まる
オスロのフードマーケットへ

フロムの村をあとにした私は、山岳鉄道の傑作として知られるフロム鉄道や、ノルウェー国鉄(NSB)を乗り継ぐこと約6時間、ノルウェーの首都・オスロへとやってきました。ノルウェーでマイクロ工房発の「クラフトビール」を巡る旅ノルウェーでマイクロ工房発の「クラフトビール」を巡る旅
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。