体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリーとの離婚協議をきっかけに減量

ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリーとの離婚協議をきっかけに減量

1月8日に行われた第74回ゴールデングローブ賞の授賞式にプレゼンターとして現れたブラッド・ピットは、以前よりも細くなった姿を見せ、人々を驚かせたが、ブラッド・ピットの友人が、その変貌について米ゴシップ誌『Us Weekly』に明かしている。

有人の話によると、「彼はかなりの体重を落としました。再び自分自身を見つめ直し、健康的な食事をシェフに作ってもらって食事の管理をしているようです」と同誌に明かした。

また、別の情報筋によると、ブラッドは食事の管理の他にも努力しているようだ。「ウォーキングをしたりハイキングに出かけたりと外にいる時間が多くなりました。多くの時間を自分のために使っているようです。かなりの量のウェイトトレーニングにも励み、清く正しい生活と良い食事に専念しています」。

オスカー俳優のブラッド・ピットが自己改善をするようになったキッカケは、数カ月前から世間を騒がせている離婚騒動だ。別居中の妻、アンジェリーナ・ジョリーが2年間の結婚生活の後、9月19日に離婚訴訟を起こした。それからというもの、この有名な夫婦は15歳のマドックス、13歳のパックス、12歳のザハラ、10歳のシャイロ、8歳の双子ノックスとヴィヴィアンの6人の子供たちの親権をめぐり激しいバトルを繰り広げている。夫妻は、子供たちのプライバシーを守るため離婚協議に関する裁判書類をすべて非公開にすることに同意したと、1月9日に共同声明を出している。

数日前にアンジェリーナ・ジョリーは、自身が離婚訴訟を通してプライベートな情報を不必要にさらけ出したとするブラッド・ピットの告発を否定する文書を裁判所に提出したばかりだ。『People』誌によると、アンジェリーナはブラッドが「世間に真実が知れ渡ることを恐れた」ため、このような主張をしたという。

ブラッドはクリスマスの週末を子供たちとプレゼント交換をして過ごしたとのこと。親権の書類によると、ブラッド・ピットは週に1度、セラピスト同席で子供たちと過ごすことが許されているという。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】
10才の日本人少女がドリーム・シアターを完コピ!「世界中のアマチュアギタリストが絶望するレベル」と話題に【動画】
HKT48指原莉乃の企画を通すプレゼンテクニックがスゴすぎる
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。