体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『笑点』地デジ連動放送で人気の差が可視化? Twitter民ざわつく

笑点

毎週日曜日、夕方17時半からのお楽しみと言えば『笑点』。1966年放送スタートのご長寿番組であり、昨年5月に司会の桂歌丸卒業、春風亭昇太の司会者抜擢や、林家三平の新加入、林家たい平の『24時間テレビ』マラソン挑戦などなど、話題に事欠かない番組である。

「大喜利」で面白かったら座布団がもらえ、面白く無かったら座布団を没収されるという、何十年も変わらないシステムでお茶の間に笑を届けているのだが、8K解像度で「笑点 8Kスペシャル」を放送するなど、謎にテクノロジーを駆使している番組という事を皆さんはご存知だろうか。

syoten

そんな『笑点』が2017年1月8日より、地デジデータ放送にてプレゼントキャンペーンをスタート。これは、視聴者がテレビの連動データを使用して、リモコンで大喜利メンバーに座布団をあげたりとったり出来るというもの。子供の頃から日曜夕方は『笑点』を観続けて育った筆者は早速参加してみたのだが……。

笑点

上の画像は筆者が自宅のテレビを撮影したもの。

笑点

何が言いたいかもうお分かりであろう。そう、林家三平の座布団の枚数が格段に少ないのである。

笑点 笑点

しかも、本来の大喜利ルールにのっとり、座布団を「とる」事も出来る仕組みの為、枚数が減ったり、タイミングによっては「0枚」になることも。筆者はテレビを観ながら「うわあああ!」となぜか自分がいたたまれなくなり、ソファに顔をつっぷしてしまった。

気になってTwitterで“笑点”と検索してみると、本企画がスタートした1月8日にも、このシステムについて一部で盛り上がりを見せていた様で、

・データ放送で人気の差が出ちゃってるなあ
・世論が可視化出来るシステムこわい
・地デジの三平www
・新人いびり?

などなど、色々な意見が書き込まれていた。林家三平が笑点メンバーに加わったのが昨年5月。「まだキャラクターがつかめていないだけ」、「視聴者が慣れていないだけ」という意見も散見される。今後の放送からも目が離せない。

プラムの記事一覧をみる
プラム

記者:

アイドルとおもしろ動物好きのアラサー記者。ライブ参戦は時々、ネットウォッチは毎日。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。