体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

買う→返品→買うのループ。アメリカのショッピングってお気楽だね

ホリデーシーズンが終わったアメリカでは、店はとてもお得なセールばかり。75%OFFなんてのも、珍しくありません。

クリスマスが終わってすぐのセールは、あれ? 思ったより商品が少ない、という印象。

ところが、そこから毎日毎日どんどん商品が増えていくのです。そう、返品タグ付きの。

返品の理由は「心変わり」

Nordstromさん(@nordstrom)が投稿した写真 – 2016 12月 28 2:34午後 PST

アメリカは返品大国。

とくにクリスマス後は、ギフトでもらったものを返品に来る人でごった返し。カスタマーサービスは、返品を持って並ぶ人で長蛇の列。返品された商品は、どんどん店頭に出され、お得なセール商品は増えていきます。

日本のファッション業界で長年働いていた私からすると、返品商品=B級品扱い。ファミリーセールやB級品セールで出すことはあっても、店頭に出すことはありません。

そもそも日本人は、よほどの理由がない限り、返品はしないことがほとんど。そのため、返品されるものといえば、ほつれている、パーツが取れているなど、本物のB級品です。

ところが、アメリカは違います。なぜなら、返品の多くが「心変わり」だから。「やっぱりいらなーい」というのが、返品の理由なのです。

そのため、いちいち返品商品をB級品扱いにしていたらもったいない、というのがアメリカの考えかた。

何年たっても返品できるデパートのサービス

Nordstromさん(@nordstrom)が投稿した写真 – 2016 11月 25 2:57午後 PST

返品大国アメリカのなかでも、素晴らしい対応をしているのが、デパートのNORDSTROM(ノードストローム)。

なんと、購入された商品はいつでも返品に応じている、とのこと。そう、いつでも。何年後でも。

店の利益よりも、顧客満足度を優先するというビジネスモデルが話題となり、日本のファッション業界からも注目されています。

実際に、NORDSTROMで働いている友人・アシュリーによると、何年も前に買ったドレス(タグあり)を返品に来た人や、いつ買ったかも覚えていないニット(タグなし)を返品に来た人、明らかに何年も着用したであろうコートを返品に来た人など、数々の返品エピソードがあるのだそう。

「クリスマスの後はもう地獄よ。ギフトの返品ばっかり!」と嘆いていました。

そんな彼女も、ハイブランドのよい返品があると、店頭でセールとして出されるやいなや購入してしまうそうです。

返品ありきでモノを売る潔さ

Nordstromさん(@nordstrom)が投稿した写真 – 2016 12月 26 8:26午前 PST

アメリカのデパートでは、商品を買うとタグの裏側に返品用バーコードのシールが貼られています。

返品に来たときに、そのバーコードをスキャンするだけで、簡単に処理できるからです。

始めから返品対応を考えて売る、そんなスタイルに潔さを感じます。

最近話題のオンラインファッションサイトでも「着てみて嫌いなら返品OK」というのが当たり前。ますます返品文化に拍車がかかります。

そんな私も年明け早々、クリスマスにもらった大量のギフトのなかから、サイズが合わないものを持ってNORDSTROMの返品の列に並んでいました。もうすっかりアメリカンです。

写真/gettyimages

こちらも読まれています

今年も結婚とかはないかな。そんな感じでいい。UNTITLED BY KIKUNO

世界でたったひとり。Facebookでブロックできない人って?

じつはこの男性、世界的にすごい人 #sponsored

■ あわせて読みたい

スマホの中身はいまの自分。32歳NY在住、フローラルデザイナーの場合
ダイエットも美容も。新年の抱負、もう挫折した…。そんな罪悪感は吹き飛ばす
ギャップに驚く。自分が思ってる自分と他人が見ている自分 #心理テストまとめ
タバコマナーをテクノロジーで喚起。言葉より伝わりそう
ドレスに抗議するわけじゃなくて、若い女の子たちに、それが必要条件じゃないってことを知ってほしかった。ゴールデン・グローブ賞授賞式
今年も結婚とかはないかな。そんな感じでいい。UNTITLED BY KIKUNO
そう思われてたんだ…SNSで異性が抱くあなたのイメージって? #深層心理

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。