体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シャープ製スマートフォンの「エモパー」のおしゃべり機能は秀逸すぎる

シャープの Android スマートフォンには「エモパー」と呼ばれる非常に強力な AI アシスタント機能が搭載されており、日々の生活をサポートしてくれます。AQUOS Crystal で Lite 版を使用した当時は、「時々面白いことを話すなぁ」とクスッとするだけでしたが、その後のアップデートで機能は進化し、最近では「役立つヤツなぁ」と思うようになってきました。エモパーが提供する機能は豊富ですが、その中でも「おしゃべり」は代表的な機能で、これが一番便利だと感じています。「おしゃべり」機能は、朝起きたら「○○ 時間寝ましたね」と睡眠時間を教えてくれたり、バッテリーが少なくなってくると「お腹がすきました」とお茶目に訴えてきます。また、人気のテレビ番組の放送時間が迫ると、○○ 時です。もうすぐ ○○ が始まりますよ」と有益な情報を教えてくれます。個人的には思わず「へぇ~」というような雑学やトリビアを教えてくれるのが一押しです。エモパーの「おしゃべり」はスマートフォンを日々使っていくとユーザーのスマートフォン使用を学習して進化し、より適切な情報をタイムリーに発信するようになります。最近では、「昨日はいつもよりも多い ○○ GB もデータ通信をしました」と、スマートフォンのテザリング機能でいつもより多くのデータ通信を行ってしまったことをやんわりと警告してくれました。Apple の Siri や Google の Google アシスタント、Microsoft Cortana などが、それぞれが持つプラットフォームにおいて AI としての確固たる地位を築きつつある中でも、エモパーの「おしゃべり」に匹敵するような AI 機能はスマートフォンでは今のところありません。

■関連記事
USB Type-CのAndroidをデスクトップPC化する「j5 Create マルチポート USB Type-C アダプタ」のレビュー
Samsung、1月22日に大阪で「Galaxy マニア会議」を開催
Moto Z PlayのAndroid 7.0アップデートは海外で1月末より開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。