体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤原ヒロシ絶賛のおせち料理、一週間掛けて作るらしい

藤原ヒロシ絶賛のおせち料理、一週間掛けて作るらしい
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」のワンコーナー「JUN THE CULTURE」(ナビゲーター:藤原ヒロシ)。1月14日(土)のオンエアでは、バート・バカラックの音楽を特集しつつ、藤原が正月休みに満喫した「怠惰なこたつ生活」について紹介しました。

実は、藤原のお正月休みはまだ続いているそうです。年末年始は実家でこたつとみかんの生活を送ったため、東京に戻ってもこたつに入りたくなったとか。家にこたつのない藤原は、こたつが家にある知り合いを探したそうです(笑)。ところが、都内にいる知り合いで、こたつを使っている人がいなかったそう。

そこで、新潟の友人の家に行くことにしたそうです。その友達の家には、こたつとミカンがあって、子犬がいるため、まさに「魔のトライアングルみたいな感じ」だそうです。しかも、そのトライアングルから離れられなくなったとか。

「着いてから10時間以上、そこで過ごして、一日で帰る予定だったんですが、どうしてもこたつから出られず、そのまま着替えもせず二日間をこたつの中で過ごしたという、まさに怠惰な生活を送っていました」

と、藤原。なんとも羨ましい話です。しかも、犬の可愛さもたまらないようで…

「やっぱり犬はいいですね。こたつに入ってて、なんか手が寂しいなと思ったタイミングで犬が寄ってくるんですよね。犬を触りながら、ミカンを食べる…最高の二日間でした」と語っていました。

正月といえば、今回の帰省では、藤原が普段よく行くお店で作られたおせち料理を持っていったとか。

「そのお店のおせちが、非常に美味しかったんです。年末の22日でお店を閉めて、23日からおせち料理を作りはじめるらしいんです。30日に徹夜をして、31日の朝8時から売り出します。一週間を費やすことにもビックリしたんですけど、味も美味しかったです」とのこと。来年も同じおせちか、別の変わったところのおせちを食べてみたいそうです。話を聞いているだけで、お腹が空いてきますね…。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JUN THE CULTURE」
放送日時:毎週土曜 14時10分−14時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/culture/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。