体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

従来製品の半額!ホバーボード「GeoBlade」を見逃すな

GeoBlade1

2015年に登場したSFチックな一人用乗り物「ホバーボード」が、アップグレードしてお目見えだ。

・近未来の乗り物?

米ラスベガスで行われたCES(国際家電見本市)にて、ホバーボード・テクノロジー創業者、ロバート・ビグラー氏が発表したもの。製品名は「GeoBlade」。デザイン面はこれまでのホバーボードを踏襲したものだ。スケボーのようなフォルムに、ディスク型の車輪が真ん中に取り付けられている。

驚くべきはその価格。旧モデルのフルバージョンは約4000ドル(約46万円)だったが、今回の新モデルは1500ドル(約17万円)以下に抑えるとのこと。それでも決して安くはないが、これまでの半額以下だ。

・安全面にも配慮

GeoBlade2

コストカット成功の主な要因は、製造を米国内ではなく中国に切り替えたこと。とはいえ、品質には万全の注意が払われている。安全面を考慮し、バッテリー部分を取り外し可能にした。これまで充電式バッテリーを使用していたが、GeoBladeでは交換式バッテリーを2つ使うことになる。

昨年米国でのバッテリー過熱・発火に端を発する大規模なリコール問題が、大きな変更理由だという。バッテリー1つあたりで、10~20マイル(16~32km)程度の走行できるとのこと。

肝心のタイヤもアップグレードされた。空気式タイヤを採用し、街中や坂での「陸サーフィン」により適した仕様となった。時速16マイル(約26km)を実現。移動手段として充分なスピードといえる。

「オモチャじゃない、リアルな移動手段だよ」ビグラー氏は言う。発売は3月以降になる見込みだ。

Hoverboard Technologies
Single-wheeled GeoBlade electric skateboard is straight out of a sci-fi movie

GeoBlade3
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。