体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地中海に浮かぶ島国キプロスで地中海文化を楽しもう!

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回は地中海に浮かぶ島国、キプロスをご紹介します。キプロスは地中海文化を存分に楽しめる国。同時に、ギリシャ系とトルコ系で分断されている最後の分断国家でもあります。

さっそく南側の「キプロス共和国」と北側の「北キプロス=トルコ共和国」の両方を見ていきましょう。なお、「北キプロス=トルコ共和国」は「北キプロス」と、「キプロス共和国」は「キプロス」と表記します。

①北キプロスはアザーン、南キプロスはイコンにキス 

DSC_0655
Eika Akasakiさんはトルコから北キプロスに入りました。旅行記を読むと、北キプロスではアザーンが流れ、キプロス側ではイコンにキスをするギリシャ系の人々が見られる、とのこと。トルコ文化とギリシャ文化との境目にあるキプロス島らしいエピソードではないでしょうか。

Eika Akasaki「トルコからキプロス、ギリシャへ

②猫好き必見の旅行記 

Cats(Lefkosia)3
猫が好きな方はTeramoto Itsukiさんの旅行記をチェックすべきでしょう。Teramoto Itsukiさんはキプロス側の猫ちゃんを激写。あまりのかわいさに画面をなでたくなる人も出てくるのでは? そのほかにも観光スポットやキプロスの食も美しい写真と共に紹介しています。

Teramoto Itsuki「キプロスでギリシア・トルコ料理を味わい、ネコとたわむれる旅w

③トルコ、キプロス、ギリシャの料理文化を知る 

DSC_0380
Tomohiro Akasakiさんの旅行記は料理がメイン。トルコ、キプロス島、ギリシャの料理が詳しく紹介されており、食欲をそそられます。特に興味深いのが、キプロスに入った瞬間に料理文化がガラっと変わること。ぜひ、この旅行記を参考にしてグルメな旅もお楽しみください。

Tomohiro Akasaki「ケバブは炭焼きに限る!魚介類もいける!

④精巧なモザイク画をお見逃しなく 

9
Takuo Shikataさんはキプロス西部の町、パフォスを訪れました。パフォスは古代ギリシャ時代には首都にもなりました。そのようなパフォスには貴重なモザイク画が残されています。Takuo Shikataさんの旅行記を見ると、とても精巧なモザイク画に驚かれるのではないでしょうか。

Takuo Shikata「世界一美しいモザイク画 !! 絵画と見間違うほどの完成度

キプロスへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。