体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホの中身はいまの自分。32歳NY在住、フローラルデザイナーの場合

スマートフォン。もう、それなくしては生きられないほど必須のガジェット。

その中身には、持ち主のリアルな生活がつまっています。

ニューヨーク版の今回は、1年前にニューヨークへ移住し起業。現在はフローラルデザイナーとして働く女性のスマホの中身をのぞいてみました。

NY在住フローラルデザイナーのスマホの中身

20170115_smartphone02.jpg

永田絵梨子(ながた・えりこ)さん
職業: クリエイティブ・フローラルデザイナー(EriN Design International 代表)
ニューヨーク在住歴:1年

フラワーデザイン学科の専門学校を卒業後、神戸でキャリアをスタート。

パリ、アムステルダム、ベルギーなど、ヨーロッパ各地で研さんを積み、東京5年半、ハワイ2年、パリ1年の実務経験を経て、さらなるビジネスチャンスを求めてニューヨークへ。

グローバルに活動する彼女のスマホの中身は…。

――いちばん使うアプリは?

20170115_smartphone03.jpg

インスタと、あちこち新しい場所に行くのでGoogleマップです。それから、仕事で花材などの運搬のために車を頻繁に使うので、Uberなどのカーサービスをいろいろ試しています。

いまいちばん使っているのは「Gett」と「Juno」。Junoは、Gettのドライバーさんに勧められたんですよ(笑)。Gettは乗り合いではなく車体も大きく、初回割引もあってお得でした。キャンペーンによってはUberを使うこともあります。

Eriko Nagata/EriN Design INTLさん(@erindesign_eriko)が投稿した写真 – 2016 12月 12 6:38午後 PST

インスタのアカウントは、自分の「@Erindesign_eriko」と、エディトリアルとして撮影して刊行されたものを集めた「@Erikonagata_editrial」のふたつを持っています。

エディトリアルの方には、ファッション雑誌「NO TOFU」に掲載された作品とかを載せています。

Eriko Nagata/さん(@erikonagata_editorial)が投稿した写真 – 2016 5月 7 1:41午後 PDT

フォローしているのは400くらいかな。友だちのほかには、デザイン系、好きなアーティスト、それからクライアントのアカウントは必ずフォローしていますね。

――ホームスクリーンはどんな画像にしている?

20170115_smartphone04.jpg

フォトグラファー、ニック・ナイトの花の写真です。

20170115_smartphone05.jpg

ロック画面も、アーヴィング・ペンが撮影した花の写真。

――朝イチでチェックするアプリは?

Gmail、それから毎日温度差が激しいので「天気」で気温を確認します。花のこともあるし、その日のファッションの参考にもします。

――寝る前にベッドでチェックするアプリはある?

1 2 3次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。