ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ガジェモニ】先進のペン&タッチタブレット『Bamboo Fun』読者レビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
0619

ガジェット通信の製品モニター募集『Bamboo Fun』にたくさんのご応募をいただきました。当選された方々から届いたレビューをご紹介いたします。今回は3人の方のレビューを採用させていただきました。

先進のペン&タッチタブレット『Bamboo Fun』のレビューをしてくださる方募集【ガジェモニプレゼント】
http://getnews.jp/archives/146431

今回は株式会社ワコム様から『Bamboo Fun』をご提供いただきました。

*   *   *   *   *

おかみさんのレビュー

●初心者が使いやすいペンタブレット
ペンタブレットのことがわからなくても、直感的にほぼ思い通りの線が描けます。それがこの『Bamboo Fun』を触ってみて最初に感じたことです。

私はペンタブレットが必要な仕事をしていませんし、趣味でイラストを描いたり、なんてことも今はしていないので、従来のペンタブレットとの詳しい比較はできません。が、その昔同じワコムから発売されていた小型のタブレット(たぶん『ArtPad Fan』)を使っていたことがあります。初代『Intuos』が発売されるよりも遥か前の話ですから、少なくとも今から10年以上前の話です。

当時、素人ながらも漫画を描いていたのと、ITガジェットが好きだったこともあって、パソコンを使って漫画までは描けずともイラストぐらいは描けないものかと考えたわけですが、結論から言えば“イラストを描くのも一苦労”でした。

当時はまだ“趣味で漫画を描く”ユーザーに向けた製品はなかったのか、タブレット製品そのものの価格も決して安くはなく、安月給で買えるタブレットは一番小さいA6サイズが限界でした。

そのサイズで描けるものも、たかが知れていますが、それ以前に「思ったように線が描けない」というのが正直な感想でした。それを使って上手いこと描いてる人もいたようなので私の使い方がまずかったのかもしれませんが、別モデルの『Intuosシリーズ』や『ArtPad』後に登場した『Intuosシリーズ』やArtPad後に登場した『『FAVOシリーズ』を店頭で触ってみて感動したのは、”思った通りの線が描ける!”ということでした。当然この『Bamboo Fun』にも同じことが言えます。特にコツを必要とせず線が描けるというのはいいことです。

●ペンタブレットは絵を描くためだけのものではない
『Bamboo Fun』を使ってみて驚いたのが描画以外のアプリの充実度です。

専用のドライバソフトをインストールすると『Bamboo Dock』なるウィジェット的アプリが立ち上がり、このタブレットで使える無償アプリの紹介をしてくれます。手書きメモアプリのために本製品を購入するという人もそんなにいないと思いますが、『Bamboo Paper』や『Doodler』、『Draw Tweet』などの手書きメモアプリを使うとペンタブレットの可能性の広がりを感じます。中には『Evernote』や『Twitter』と連動ているアプリもあり便利です。

doodlesample1

画像1:『Bamboo apps』の『doodle』で手書きメモ。

ちょっと贅沢な使い方ですが、タッチ機能を使うとトラックパッド代わりになるというのも素晴らしい。さすがにそれ専用では使いませんが、様々な操作を『Bamboo Fun』1台で完結できるのが便利です。『Bambooシリーズ』が登場した当初からこれらのことができたのかは知りませんが、私自身はそれまで”ペンタブレット=お絵描きの道具”という認識しかなかったのでとても新鮮でした。専用アプリのサイト『Bamboo apps(http://tablet.wacom.co.jp/bambooapps/)』を見るとゲームや音楽アプリなんかもあって驚きました。

●A5サイズがちょうどいい
本格的にイラストやら漫画やらグラフィック系の作業をバリバリこなす人にはもっと大きいサイズがいいのかもしれませんが、そうでない人にはちょうどいいサイズだと思います。机の上の場所をそんなにとらないですし、余計な突起もないフラットな“板”なので収納性も高い。外に持ち出す用事があるかは人によるでしょうが、通勤バッグなどにもすっぽり入るサイズです。自ずと使用頻度が高くなりそうな予感がします。

0426

画像2:内容物もシンプル。USBケーブル、専用ペン、ペンの替芯、マニュアルとドライバソフトなど。

0522

画像3:机の上で場所をとりません。

ほかにも、見た目がスッキリしていていいとか、付属ソフトが必要にして充分とか、右利きにも左利きにも気にせず使えるなど細かい利点は探せばいろいろ出てきそうですが、何よりシンプルで直感的に使える入力デバイスであるということに尽きると思います。絵を描くことにとらわれすぎていましたが、フォトレタッチや映像の編集などにも使えそうなので、これからどんどん活用していこうと思います。

*   *   *   *   *

ayakoさんのレビュー

面白い! めっちゃ面白いです! 『Bamboo Fun』! 50歳のおばちゃんが初めてトライしたペン&タッチタブレット。

手にとって説明を見ますと、

・5種類のグラフィックアプリケーションを付属
・付属のアプリケーションを使用してイラスト作成、写真加工、動画編集・加工などを楽しめる

とあります。『Bamboo Fun』の設置は簡単で線をさして黒いほうのCDを入れるだけで勝手にドライバをインストールしてくれます。ただ、コードが短いので、ノートパソコンじゃないと届かない場合があるかと思います。

説明書を読むのが苦手なので、とりあえず、パソコンに初めから入っているペイントで『チョビちゃん』を描いて見ました。『チョビちゃん』は私の可愛いペットの黒猫です。

すっごいです、驚きです、紙に書くよりキレイにかけます。こうなったら付属のグラフィックアプリケーションを試してみるしかありません。説明書が苦手って言ってる場合じゃありません。白い方のDVDに付属の『Corel Painter Essentials 4』を使って書いてみました。

moni10

画像4:『チョビちゃん』を描いてみます。

ひょぇー! もしかしたら50歳すぎての遅咲きのデビューでイラストレーターになれるかもしれない私。レイヤーとかありましたが、難しい事は考えなくてもスラスラと描けました。説明とか見なくっても雰囲気で描けちゃいます。

操作性が優れているのでしょうね、ペンを取って5分もあれば慣れます。初めてのペン&タッチタブレットですが、物凄く面白いです。『Bamboo Fun』を買おうかどうか迷っていたとしたら、買うべきだと思います。

年末の忙しい時にもかかわらず、あまりの楽しさに今日は全然仕事をしていません。あっという間に時間がすぎていました。

しかも、がんばったら漫画家になれそうな気すらしてきました。

*   *   *   *   *

あっこちゃんさんのレビュー

絵を描いたり、写真を撮ったりすることが大好き。そんな私が電機店に足を運ぶたびにほしいなほしいな、と指をくわえていたものがあります。

それが、ペンタブレット『BambooFun』 。

パソコン上でコード・電池レスのペンを使って絵を描いたり、写真加工ができる優れもの。けっこういいお値段がするので、旦那さんとも「いつか買えたらいいね」なんて話していたところ……なんとモニターに当選してしまいましたっ!

275

画像2:ピンクのタブレットが当選

しかも、ドキドキしながら箱をあけると希望色だったピンクのペンタブレットが! あまりのかわいさにテンションMAXでした!!

345

画像3:さっそく使ってみます。

さっそくパソコンにつないで、お絵かきタイムスタート。コード・電池レスのペンは軽すぎず重すぎず、指先をストレスなく自由に動かすことができました。そしてマット調なところもgood。しっかり肌にフィットして長時間、描き続けていても疲れない構造になっています。

5つの付属アプリのうち、

(1)Adobe Photoshop Elements 9
(2)Corel Painter Essentials 4
(3)水彩LITE
(4)Photo Creator for Wacom
(5)LoiLoScope plus for Wacom

私が一番うれしいのはやっぱり絵画機能に優れた『Corel Painter Essentials 4』。

アクリルや油彩、クレヨン、エアブラシ、チョーク、鉛筆など画材独自の表現を再現できるペイントソフトです。驚いたのが、上記画材の筆跡の多さビックリ。

たとえば、水彩機能だけとってみても、標準丸筆・紙目丸筆・幅広水彩・ほかし水彩・ウォッシュ・ドライブラシ……など、実に多彩です。

434

画像4:虹を描いて見ました。

ためしに水彩機能すべてで虹を描いてみたのですが、同じ色でもこの筆跡が違うと出せる色味がまったく違ってくることが分かります(よれよれ……笑。まだまだペンの扱いに慣れません)。

本当にすごいのは、タブレットを通じて筆圧がしっかりと伝わること! ペンを強く押しつければ力強く太い線やつよめのにじみを出すこともできるし、指先の力を抜けばふっと、細くやさしい線を描くことも可能です。

まるで紙の上で描いているような感覚に、美術の時間が大好きだった学生時代を思い出しました。機能満載の『Bamboo Fun』。

イラストをパソコン上に掲載する際、一度ノートに書いて自宅のコピー機でスキャンして……その画像データをUSBに移してやっとのことでアップしていた私。

それがこの『Bamboo Fun』では、タブレットとペンだけでどんな絵も描けてしまうのだから、こんなにうれしいことはありません。

まだまだ未知の世界ですが、いっぱい描いて勉強してパソコン上でも素敵な絵を描けるように
がんばります。
*   *   *   *   *
レビューをしていただいたみなさま、ありがとうございました。

●提供・ご協力
今回のモニター製品のご提供は「株式会社ワコム様」です。
株式会社ワコム

●製品ページへのリンク
『Bamboo Fun』
http://wacom.jp/jp/products/bamboo/bamboofun/index.html

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。