体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひと味違う極上のジャパニーズJazz!? 篠笛の第1人者である狩野泰一がアルバムを3月に発表!

バンブーフルート(篠笛)第1人者の狩野泰一が、自身7年ぶりとなるニューアルバム『SOUND OF THE WIND』を3月8日にリリースにすることを発表した。
狩野泰一 (okmusic UP's)
日本古来からの楽器である「篠笛」の第一人者であり、世界各地で演奏活動を行っている狩野泰一。今回、狩野が完成させたのは極上のジャパニーズJAZZアルバム! 自らの息づかい(THE WIND)がメロディとなり、音楽(SOUND)となっていくことをテーマにした作品となった。

今作はオリジナル曲に加え、日本古謡、洋楽の名曲のカバー「Over The Rainbow」「Moon River」などをジャズアレンジした全13曲を収録。吉野弘志(ベース)、ヤヒロトモヒロ(パーカッション)、林正樹(ピアノ)の実力派ミュージシャンが参加し、即興性や自由に展開するJAZZスタイルの音楽は、演奏を極めてきたミュージシャンだからこそ醸し出せる賜物だ。音色やグルーブ、まさに楽器演奏で会話をしているかのような絶妙な空気感や臨場感が各々の楽曲で堪能できる。なお、現在NHKで放送中の「日本の話芸」のテーマ音楽となっている「音紬ぎ」が、ボーナストラックとして収録される。

旋律をあずかる狩野泰一の篠笛は、綺麗に音を発するだけでなく音階を見事にあやつり、絶妙な息づかいによる多彩な音の表現が特徴。様々なジャンルに自然と溶けこみながらも存在感を出す音色には、日本の伝統楽器としての枠を超え、篠笛のスタイルを新しく切り拓きたいという狩野の思いが詰まっている。

郷愁、癒し、といったリラクシングMUSICとしてはもちろん、上質な空間を作り上げるBGMとして最適な“極上のジャパニーズJAZZアルバム”でプレミアムなひと時を!

アルバム『SOUND OF THE WIND』
2017年3月8日(水)発売

YCCS-10061/¥2,778+税

<収録曲>

01. I・NO・RI(オリジナル)

02. Over The Rainbow

03. こきりこ節(富山県民謡)

04. 佐渡おけさ(佐渡民謡)

05. 砂山(日本古謡)

06. Moon River

07. 夕焼け小焼け(日本古謡)

08. KA!(オリジナル)

09. さくら(日本古謡)

10. Summertime

11. 夕暮れ(オリジナル)

12. MATSURI(オリジナル)

〜ボーナストラック〜

13. 音紬ぎ (NHK 日本の話芸 テーマ曲)

■Amazon購入ページ

http://www.amazon.co.jp/dp/B01NCTTP3G

【コンサート情報】
『SOUND OF THE WIND/狩野泰一(篠笛) ユニット』~芸能活動30周年、CD発売記念~

4月15日(土) 東京 六本木 CLAPS

4月19日(水) 長野県 豊丘村交流学習センター「ゆめあるて」

4月20日(木) 兵庫県 尼崎市 ライクスホール

4月21日(金) 大阪市 ロイヤルホース

4月22日(土) 名古屋 Jazz inn Lovely

新潟県新潟市「Art Mix Japan Niigata 2017 アートミックスジャパン」

4月23日(日) 新潟市民プラザ

レコーディング参加メンバー (okmusic UP's)
アルバム『SOUND OF THE WIND』 (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。