体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時期、持ち物、値段、予約は?初心者さんの為の牡蠣小屋ガイド

時期、持ち物、値段、予約は?初心者さんの為の牡蠣小屋ガイド カキ

三重県鳥羽の絶景ロード・パールロード。

車で走っていると浦村町に入った途端「カキ食べ放題」と書かれた看板がアチコチに出現します。

それが鳥羽の冬名物「牡蠣小屋」!

この時期は牡蠣食べ放題の店が密集し、多くの人でにぎわいます。

牡蠣小屋ってそもそもどんなところ?システムは?料金は?持ち物は?などなど、今回はまだ行ったことのない人向けに牡蠣小屋の楽しみ方を教えちゃいます!

今年こそ牡蠣小屋デビューに出かけてみてください!

浦村にはどうして牡蠣小屋が多いのでしょうか?

浦村は養殖業者が70軒以上あるカキの町。

牡蠣小屋は共栄物産というお店で提供したのがはじまりで、今では約30軒の養殖業者や飲食店が実施しています。

それぞれ特徴が違うのでお好みの店を選びましょう。

浦村かきの特徴は?

三重の浦村町は有名な牡蠣の産地。

波が穏やかでカキの餌となるプランクトンが豊富な生浦湾(おおのうらわん)では1年で出荷できるほど牡蠣が成長するんです。

柔らかくプリッとしているのが特徴です。

浦村かきのベストシーズンは?

海水が冷たくなればなるほど旨みが増すので、これからがさらに美味しくなる時期。

食べ放題のシーズンは店によって違いますが、11月~3月頃がオープンの時期です。

混雑するので予約はお早めに!

※カキの生育状態により早めに営業を終了する場合も有

実際はどうやって食べるの?どんな雰囲気?

店焼きと自分焼きの2パターンがあります!

店焼き

お客さんの好みに合わせて焼き加減を調整してくれるんです

店焼き

お店の人に焼いてもらうと一番の食べごろに出してもらえる店焼き。

食べることに集中したい人はこちらを選ぶのが良いですよ。自分焼き

基本はセルフ。蓋があるのでカキが爆ぜても飛び散らない。5分少々が食べ頃です

自分焼き

自分達で焼けばBBQ気分でテンションもあがります。

マイペースで食べたい人は自分焼きを選択するといいかもしれません。

食べ放題は焼きガキだけ?

焼きと蒸しも両方食べられる店も!

焼き

薪で焼くことでスモークされたカキが激ウマ

焼き

殻を焼くことで旨みがギュッと閉じ込められる「焼き」。

牡蠣の食べ方といえばこちら!という人も多いのでは?

牡蠣小屋では焼きガキのみというところが多いです。蒸し

身がふっくらとやわらかく、ジューシー

蒸し

身がふっくらと仕上がる「蒸し」。

シンプルな調理法なのに食べ比べると味が違います!

牡蠣小屋の一部は蒸しも提供しているのでぜひ食べ比べを!

食べ放題につくセットメニューは?

カキフライをはじめ店ごとに個性的!

ほとんどの食べ放題にはご飯と味噌汁がつきますが、カキフライが付くか付かないか?が基準の分かれ目。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。