体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴミを捨てるときに買い物リストを自動作成できるデジタルガジェット「Genecan」

ゴミ箱に装着できるスマートガジェット「Genecan」私たちの日常生活に欠かせない食料品や日用品などの最寄品は、できるだけ効率的に調達したいもの。

しかしながら、家庭にあるすべての最寄品の在庫状況を常時把握することは、意外と難しい。

そこで、“モノを捨てる”という日常の動作と連動させ、買い物リストをシームレスに作成できるスマートガジェットが、「Genecan」である。

・ゴミ箱に装着し、バーコードをかざすだけで買い物リストが作成できる

「GeneCan」の本体「Genecan」は、市販の角形ゴミ箱に装着できる、WiFi対応のデジタルガジェット。

食品や日用品のパッケージを捨てる際、ゴミ箱の側面に装着したこのガジェットの前に商品バーコードを数秒かざし、読み込ませると、クラウド上の買い物リストにその商品が追加される仕組みだ。

また、野菜や果物など、バーコードのない商品は、「Genecan」に商品名を話しかけるだけで、「Genecan」がユーザーの音声を認識し、買い物リストに追加してくれる。

ユーザーは、専用のスマホアプリを介して、いつでもどこからでも、「Genecan」の買い物リストを閲覧したり、その内容を編集することが可能。

さらには、この買い物リストを家族間で共有することもできる。

現在、1台124.99ドル(約1万4,600円)で予約販売を受付中だ。

・家事の何気ない手間をIoTで解消

商品バーコードを読み込ませたり、商品名を話しかけるといった“一手間”が必要であるものの、ゴミを捨てるタイミングで、その商品の購入の要否を判断し、忘れてしまわないうちにハンズフリーで買い物リストに記録しておけるのは便利。

「Genecan」は、家事の何気ない手間や煩わしさを解消するIoT(モノのインターネット)志向のガジェットとして、興味深い。

Genecan

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。