体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、企業のプライベートなGoogle Playストアでのアプリ管理機能を刷新

Google は 1 月 13 日(米国時間)、G Suiteの管理者が Google Play ストアを通じて企業や団体の従業員やスタッフだけに Android アプリを提供できるプライベートチャンネルの刷新を発表しました。この変更は 1 月 31 日に実施される予定です。G-SUite(旧 Google Apps for Work)を導入している企業や団体は、以前より従業員やスタッフのスマートフォン向けに Google Play ストアに設置された企業・団体名と同じ名前の非公開タブで自社開発のアプリ等を配布することができましたが、このタブが「Work Apps」に変更され、従来よりもアプリやアクセス権限の管理が簡単になります。「Work Apps」タブはこれまでの最後のカテゴリとしてではなく、トップランキングとゲームに次ぐ上位 3 位のカテゴリに昇格したのでアクセセ性が向上します。Google は「Work Apps」タブを従業員やスタッフが必要とする全てのアプリを発見できる場所と位置づけており、自社開発の非公開アプリだけではなく、Google Play ストア上で配布されている一般の公開アプリをホワイトリストに追加する形で利用できるようにしています。そのため、ユーザー毎のアクセス権限を管理することなく仕事用プロファイルや企業所有のすマートフォンに仕事用のアプリを提供できるようになります。Source : G-Suiteこれにより、

■関連記事
Galaxy S8の3Dレンダリング画像とやらが公開
Android 7.0にアップデートされたXperia XZの電話アプリで「短縮ダイヤル」や「着信ブロック」が利用可能に
Sony、テニスラケット用センサー「Smart Tennis Sensor(SSE-TN1)」をテニススクールに4月から導入

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。